■日時: 令和4年11月16日(水)  ■句会場: 駒込地域文化創造館  ■参加者: 24名  ■句会メモ

合点 作      品 作 者 選     者
4 三平汁無骨な指の塩加減 大谷治男 ひろ子 〇のぶ子 〇満智子 靖舎  
4 遠富士の影の定まる冬夕焼 竹田ひろ子 主宰 のぶ子 〇讃良 満智子  
4 七味屋の説法聞くも酉の市 田中貞雄 〇主宰 隆 讃良 満智子  
3 ハイヒール捨つる朝の天高し 中田のぶ子 〇主宰 隆 満智子  
3 天守閣攻める雲なし天高し 田中一美 主宰 のぶ子 満智子  
3 皆既月食了りし月の吐息かな すずき巴里 ひろ子 讃良 満智子  
3 マスクして我身に籠る雑踏街 加藤けい子 〇のぶ子 讃良 〇満智子  
2 些かの深爪痛し隙間風 佐藤満智子 讃良 〇靖舎  
2 冬菊や無人のままの親の家 佐藤正代 〇讃良 靖舎  
2 柿捥ぐや高枝ばさみ泳がせて 竹田ひろ子 主宰 のぶ子  
2 隙間風世のあちこちの不穏なる 金子つとむ 〇隆 靖舎  
2 樽も古り大原女坂の秋深し 足立和子 〇主宰 隆  
2 枯尾花触るれば跳ぬる力あり 田中一美 満智子 靖舎  
2 銅像の少女の指に赤とんぼ 佐藤いづみ 〇主宰 讃良  
2 無雑作に掃かれて落葉錦なす 中島讃良 主宰 ひろ子  
2 今更に父の形見や星月夜 岩永靖舎 主宰 満智子  
2 図書館の薬の匂い小六月 佐藤正代 主宰 讃良  
2 竹の春愚痴きき地蔵と二三言 足立和子 主宰 隆  
2 埋れし記憶掘り出し返り花 長倉美季 満智子 靖舎  
2 小春日や路地に井戸有り上総掘り 佐藤満智子 主宰 靖舎  
2 縄飛に出と入りのあり子らの顔 川南隆 〇主宰 靖舎  
2 雨止んで旅日和なり翁の忌 渡部次代 主宰 ひろ子  
2 悠久の四季は七色紅葉散る 長倉美季 主宰 〇ひろ子  
1 霧深し盆地を白く包みたる 佐藤いづみ ひろ子  
1 淋しさを仕舞いたくなり秋の旅 降幡加津 〇ひろ子  
1 阿修羅なす鮭打ちつかむ漢かな 大谷治男 ひろ子  
1 小春日の猫大伸びし道を退く 田中一美 靖舎  
1 外灯の仄と点りて底冷えす 佐藤満智子 主宰  
1 蔵壁の抽象画めく蔦紅葉 中田のぶ子 ひろ子  
1 虫ひそむ琥珀にあたる冬夕焼 長倉美季 讃良  
1 下総北風ビニールの中の朝刊 下平誠子 のぶ子  
1 文化の日料理番組録画中 田上ゆみ子 主宰  
1 合唱は最優秀賞文化の日 佐藤玲華 隆  
1 東北本線北陸本線竜田姫 すずき巴里 のぶ子  
1 枯園より写経の背見ゆ静寂 下平誠子 主宰  
1 誘ひ合ひあおぞら体操冬に入る 佐藤玲華 〇隆  
1 蟻地獄の砂のならされ冬に入る 中島讃良 隆  
1 濃霧なか舟頭さんに身をゆだね 降幡加津 のぶ子  
1 時間割あり禅寺の落葉掻き 田中貞雄 讃良  
1 星月夜仰ぎて千葉の浜泊り 阿部綾子 主宰  
1 冬夕焼はしゃぎて帰る子ら包む 田上ゆみ子 隆  
1 銀杏散る仏足石の小宇宙 渡部次代 ひろ子  
1 日の匂ひ優しく返す秋のバラ 金田けいし 隆  
1 内密は漏らすものなり今年酒 阿部綾子 〇靖舎  
1 冬帽子飛んであたふた齢かな 大谷治男 満智子  

  ◎ 主宰の特選句の講評はろんど誌に掲載されます。

  ◎ 12月の本部句会のご案内

    12月の本部句会は首都圏のコロナ感染者の増加傾向を考慮して
    
    紙上句会といたします。

    投句 : 短冊3枚 出句控え1枚 投句料千円を同封して中島讃良まで
         郵送ください。

    締切 : 12月12日(月)  必着

    以上よろしくお願いいたします。