■日時: 平成30年6月20日(水)  ■句会場: 駒込地域文化創造館  ■参加者: 29名  ■句会メモ

合点 作      品 作 者 選     者
7 古代へと耳澄ましをり山椒魚 村田岳洋 隆 けいし 讃良 〇克美 〇慶 美貴子 香葉   
6 単純にして異空間苔の花 中島讃良 〇主宰 貞雄 美智子 〇一美 〇さくら子 たか子  
6 もう雲の映る余白のなき青田 大谷治男 主宰 美智子 〇隆 のぶ子 讃良 〇たか子  
6 緑陰のベンチ人去り人来る 中田のぶ子 美智子 隆 けいし 〇讃良 さくら子 克美  
5 河骨のおとがひのまだ水に触れ 中島讃良 主宰 貞雄 〇美智子 岳洋 けいし  
5 富士崇む暮しの人の古茶新茶 樋口文子 〇主宰 貞雄 一美 克美 香葉  
5 貝殻絵馬みそぐ潮風夏越かな 田中一美 貞雄 のぶ子 けいし さくら子 美貴子  
5 金髪も浴衣になじみ人力車 福島しげ子 〇美智子 のぶ子 克美 たか子 慶   
4 書き留めし昨日の発句の黴臭し 樋口文子 主宰 けいし 一美 克美  
4 シナリオの無き人生や七変化 大谷治男 岳洋 隆 けいし たか子   
4 預かりし子の泣き始む夕つばめ すずき巴里 岳洋 のぶ子 慶 千尋  
4 恋一つ隠して白きほたる袋 竹田ひろ子 美智子 岳洋 さくら子 たか子  
4 青空に雲湧く如く椎の花 佐藤いづみ 讃良 けいし 美貴子 千尋  
4 影生んで影隠しをり山法師 竹田ひろ子 〇美智子 岳洋 〇けいし 香葉  
4 夏木立素振眩しき少女かな 吉田克美 のぶ子 慶 〇香葉 千尋  
4 草刈つて威の顕るる古墳かな 渡部次代 主宰 讃良 一美 〇克美  
3 此処もまた順番待ちか蟻の列 川南隆 〇貞雄 岳洋 さくら子  
3 艦艇の停まる港梅雨深し 佐藤満智子 主宰 貞雄 一美   
3 虹立ちて冷凍母乳解凍中 すずき巴里 美智子 〇岳洋 けいし  
3 おもかげの人に重ねて合歓の花 中島讃良 美智子 岳洋 けいし  
3 片隅に波波迦と朱書苗木市 鳥居美智子 主宰 〇のぶ子 讃良  
3 竹皮を脱ぎて八方美人かな 村田岳洋 隆 一美 克美  
3 尾根を行く春蟬の声揺るるごと 降幡加津 讃良 〇美貴子 香葉  
3 ポッペンを飽かずに吹いて桜桃忌 竹田ひろ子 美智子 岳洋 けいし  
3 天上に人の世跨ぐ虹見たり 川南隆 のぶ子 けいし 香葉  
3 たわわなり父逝きし日の手鞠花 巻山香葉 〇讃良 たか子 慶  
3 烏柄杓掬ふは風の欠片のみ 金田けいし 主宰 〇美智子 〇さくら子  
2 でで虫やあれこれ脊負ひ吾も生く 福島しげ子 貞雄 岳洋  
2 緑陰に説話切切円覚寺 福島しげ子 美智子 慶  
2 さくらんぼロード合併しない町 すずき巴里 貞雄 岳洋  
2 畦道の地固め役の車前草 田中貞雄 のぶ子 美貴子  
2 青田風揺るる水面や忘れ苗 佐藤満智子 美貴子 千尋  
2 墨絵ごつスカイツリーや七変化 東條さくら子 美智子 けいし  
2 鱧の皮好きな叔父さん死に上手 金田けいし 主宰 〇たか子  
2 牡丹咲く堆朱の香炉彫深し 渡部次代 貞雄 たか子  
2 急ぐことは知らぬ本性水くらげ 田中一美 隆 さくら子   
2 衣更えセピア色なる母の文 佐藤いづみ 岳洋 隆  
2 姦しき誕生会の心太 東條さくら子 岳洋 けいし  
2 五加木飯百歳生きし祖母の味 巻山香葉 克美 慶  
2 青侍一戦勝って梅雨の晴れ 井坂千尋 隆 一美  
2 地震速報どう振舞ふか蝸牛 田中貞雄 〇岳洋 〇たか子  
2 ある時はフリルのスカート夏帽子 牧野慶 隆 けいし  
2 唐黍の花粉まみれの道祖神 田中貞雄 主宰 美貴子  
2 鰹木の数確かめる薄暑かな 内藤美貴子 〇貞雄 一美  
2 凌霄花幼なの色に日のはしやぎ 吉田克美 〇岳洋 香葉  
2 松にかなふ木香薔薇の門かぶり 鳥居美智子 〇主宰 貞雄  
2 石段を走る子蜥蜴鳶の影 中根千恵子 隆 一美  
1 螢合戦小流れに寄す人の波 東條さくら子 たか子  
1 蜻蛉生れ夜は気温の下りをり 村田岳洋 隆  
1 紫陽花の毬毬毬の愛らしさ 井坂千尋 克美  
1 諸説あり解答の無しねぢれ花 降幡加津 克美  
1 梅雨晴間群青の海迫り上げる 中田のぶ子 千尋  
1 母の日は子ら仲良きがプレゼント 巻山香葉 のぶ子   
1 緑引く大皿に盛る夏料理 牧野慶 〇千尋  
1 埋め立ての薔薇の港のみづはのめ 鳥居美智子 一美  
1 路線バス観光バスや花南瓜 中田のぶ子 主宰  
1 鐘の音の音の余白にあいの風 降幡加津 讃良  
1 捩花や喜怒哀楽を捨てし人 阿部綾子 美智子  
1 梅雨晴れ間日傘を差して行く女 本保富夫 千尋  
1 夏祭夫も下町漢なり 牧野慶 讃良  
1 色めきて手招く四葩観世音 吉田克美 美智子  
1 風がうたへば黄紙の喝采袋掛 田中一美 〇克美  
1 予定なき初夏のきしめん名古屋の夜 内藤美貴子 隆  
1 練絹の喉ごし自慢甘酒屋 金田けいし 〇一美  

【戻る】