■日時: 平成29年11月15日(水)  ■句会場: 駒込地域文化創造館  ■参加者: 24名  ■句会メモ

合点 作      品 作 者 選     者
7 草紅葉己に籠りつつ歩む 田中貞雄 主宰 美智子 岳洋 讃良 一美 克美 けいし  
6 蓮枯れて失ふ影もなかりけり 大谷治男 主宰 貞雄 岳洋 隆 のぶ子 けいし  
6 青空の果は水底冬に入る 田中一美 岳洋 隆 ○讃良 克美 けいし 慶  
6 幹に棲む表札もなき冬の虫 鳥居美智子 ○主宰 ○岳洋 ○隆 一美 慶 美惠子  
5 かさこそと落葉の詩篇空真青 すずき巴里 ○美智子 讃良 一美 慶 美惠子  
5 神の留守絵馬がひしめき合ふ社 田中貞雄 美智子 のぶ子 一美 克美 慶  
5 寒夕焼つばさ収めし如く消ゆ 大谷治男 ○主宰 貞雄 美智子 けいし 美惠子  
5 かつかつと笑ふ冠者や神無月 樋口文子 主宰 ○けいし 隆 一美 美惠子  
4 鳴子峡紅葉をつなぐ橋白し 渡部次代 美智子 岳洋 ○一美 けいし  
4 冬菜畠あらむ限りの日を集め 村田岳洋 主宰 貞雄 隆 のぶ子  
4 輝きて風の抜けがら枯すすき 金田けいし 貞雄 讃良 一美 克美  
4 椋鳥や夕空に磁気の有るように 佐藤いづみ 貞雄 ○のぶ子 讃良 美惠子  
4 神鈴を大きく揺らす神の留守 渡部次代 のぶ子 讃良 けいし ○美惠子  
4 花石蕗を結界として山明り 渡部次代 主宰 岳洋 のぶ子 克美   
3 満月や玻璃戸の窓にひびはしる 阿部綾子 のぶ子 讃良 美惠子  
3 一服の玉露に秋の深みけり 金子つとむ 隆 けいし 美惠子  
3 木の葉散るその一枚に添ふこころ 中島讃良 ○美智子 ○岳洋 隆  
3 暮早し点る一灯無人駅 竹田ひろ子 のぶ子 一美 美惠子  
3 石塀を這ひ酒蔵へ蔦紅葉 金子つとむ 隆 一美 美惠子  
3 大綿の魂のひたすら忌を修す 中島讃良 美智子 岳洋 けいし  
3 孑孑の茶柱もどき小春の日 鳥居美智子 ○主宰 貞雄 けいし  
3 アインシュタインのメモ落札や一葉忌 佐藤満智子 主宰 一美 美惠子   
3 四季をりをりの花の絵や日記買ふ 佐藤玲華 岳洋 隆 美惠子  
2 天帝の覗くまほろば冬構え 中根千恵子 ○克美 ○慶  
2 冬立ちて城址の古き仏たち 中根千恵子 美智子 ○隆  
2 くろがね黐の実明り迫る逗子の駅 吉田克美 主宰 岳洋  
2 木洩れ日や森の小鳥のコンチェルト 佐藤いづみ 隆 慶  
2 大いなる満天星紅葉松に映ゆ 佐藤玲華 岳洋 克美  
2 鳥渡る一つの型となりにけり 川南隆 貞雄 ○岳洋  
2 司会者の副詞気になる文化の日 金子つとむ ○貞雄 隆  
2 小春日やお地蔵様は四等身 樋口文子 隆 ○慶  
2 駿台の本の廻廊冬ぬくし 樋口文子 美智子 一美  
2 藪原に一本の漆紅葉かな 森井美惠子 貞雄 岳洋  
2 秋深く猫そばにきて据りけり 森井美惠子 ○美智子 隆  
2 陶器市割るる音して冬天に罅 田中一美 けいし 美惠子  
2 田越川冬浪暫時三角に 吉田克美 岳洋 けいし  
1 吟行のひと日や石蕗の花日和 中田のぶ子 克美  
1 鮟鱇のぶつちぎられて鍋煮立つ 村田岳洋 美智子  
1 美術展一つ眼にみつめられ 降幡加津 美智子  
1 トンネルを抜けて浄土のもみじ谷 中根千恵子 美智子  
1 身の内の辻褄合はす暮の秋 竹田ひろ子 美惠子  
1 冬麗少女コーラスの声高し 牧野慶 けいし   
1 ハロウィンの日本集まる渋谷かな 本保富夫 隆  
1 枯れ葉舞ふサーチライトに光り舞ふ 降幡加津 貞雄  
1 細工愛し大正建家の白小菊 吉田克美 主宰  
1 光来のごと蔦のぼり蔦枯るる 中島讃良 美智子  
1 初冬の富士さかしまに川流る 佐藤満智子 美惠子  
1 ひとりづつ踏みしめてゆく紅葉蓆 阿部綾子 貞雄  
1 文化の日エコー検診迫るかな 鳥居美智子 ○克美  
1 日あるうち婆切干の筵番 田中貞雄 美智子  
1 咳こみてドラッグストアの中迷ふ 村田岳洋 克美  
1 枯あじさい花の名残りのいろかたち 金田けいし 岳洋  
1 見送りや幹を木枯らし吹き過ぐる 田中一美 讃良  

鳥居おさむ先生十三回忌の集いのご案内

 日 時  12月20日(水)本部句会終了後(17時〜19時)
 会 場  上野文化会館 小会議室 
 会 費  二千円
 世話人  川南隆  筺080−3412−2071
           FAX 047−423−7558
      ご主席の方は12月6日まで川南隆までご連絡下さい。
      尚 当日出句3句のほか おさむ先生を偲ぶ1句を別にお願いいたします。
      詳細はろんど12月号をご覧ください。