■日時: 平成30年12月22日  ■句会場: 杉並四宮集会所  ■席題: 足  ■参加者: 18名

合点 作      品 作 者 選     者
7 綿虫の意気投合のめくら飛び 田中貞雄 ○主宰 ○美智子 ○岳洋 青蛾 けいし 弘香 ○克美    
5 それぞれに夫を語りて葱鮪汁 中根千恵子 主宰 ○貞雄 ○岳洋 弘香 克美   
5 居酒屋の肩幅の席十二月 田中貞雄 主宰 岳洋 けいし 青蛾 とをる   
5 葉牡丹の薄陽に渦を広げをり 佐藤玲華 主宰 美智子 岳洋 青蛾 克美  
5 着膨れて前足大きく踏み出しぬ 牧野慶 ○主宰 ○岳洋 青蛾 けい し 克美  
5 老と言ふ忘れ上手や柚子の風呂 金田けいし 主宰 岳洋 青蛾 弘香 慶    
4 星空にかざして帰る大熊手 すずき巴里 ○美智子 けいし ○弘香 とをる  
4 若作りのばあちやんサンタやつて来る 佐藤玲華 岳洋 けいし 克美 とをる  
4 平成を災で括りて極の月 水貴 貞雄 岳洋 弘香 とをる  
3 冬夕焼琥珀色なす残り柿 佐藤いづみ けいし 克美 慶  
3 乙女文楽政岡の段雪が降る すずき巴里 美智子 けいし 克美  
3 冬夕焼群れ飛ぶ椋鳥(むく)の伸びちぢみ 佐藤弘香 ○美智子 岳洋 ○けいし    
3 湯豆腐の大団円となりにけり すずき巴里 貞雄 美智子 岳洋  
3 雪山を遠眼差しが直滑降 古川青蛾 貞雄 弘香 慶    
3 金箔の光の湖や牡蠣眠る 名倉悦子 けいし 青蛾 弘香  
2 小六月いつもの道を逆まわり 佐藤いづみ 主宰 青蛾  
2 大輪の冬薔薇凛として平和 牧野慶 美智子 岳洋   
2 肘かかえ介護を語る師走かな はせべとをる 美智子 青蛾    
2 膝の上猫の寝息や星冴ゆる 阿部綾子 とをる ○慶  
2 週日を柚子風呂にして柚子捌く 田中貞雄 美智子 ○克美  
2 湯冷めして母の素足へ靴下を はせべとをる けいし 克美  
2 冬林檎味も香もよし日保ちよし 佐藤玲華 貞雄 美智子  
2 満天星紅葉狂女はいつも足袋跣 鳥居美智子 貞雄 克美    
2 冬銀河悲しみをつむ一周忌 名倉悦子 ○主宰 克美  
2 虎落笛仮設住宅はなれたし 村田岳洋 ○貞雄 美智子    
2 更地なる杭の足元冬さんご 金田けいし 美智子 弘香    
2 黒猫のタンゴタンゴの黄落期 鳥居美智子 岳洋 けいし   
2 御礼肥鋤き込む大地冬木の芽 金田けいし 貞雄 ○弘香   
2 寒梅や人が人恋ふ日暮時 阿部綾子 美智子 慶  
1 シャガールの碧き空ある遠雲嶺 石川寿夫 けいし   
1 裸木の寂もさみしき風の音 中根千恵子 慶  
1 聖歌ジャズのりのり足踏みトランペット 吉田克美 とをる  
1 買いかえて片手袋の仕儀となり はせべとをる 貞雄  
1 疎開協終に解散霜の華 鳥居美智子 貞雄  
1 北風や鈍色の雲連れ去りし 佐藤いづみ 岳洋  
1 老人の多き街なり年用意 佐藤弘香 主宰   
1 黄落のベンチ紅葉の一里飴 鳥居美智子 貞雄  
1 雪雲の中の山裏我が故郷 古川青蛾 美智子   
1 冬天の機影指差す母と子と 佐藤弘香 青蛾  
1 冬紅葉色を重ねて降り積る 竹田ひろ子 青蛾  
1 合羽着てママチャリが行く冬の朝 はせべとをる 弘香    
1 蔦紅葉散り敷き校門には守衛 すずき巴里 慶  
1 すれ違う車の屋根に雪帽子 佐藤いづみ 主宰  
1 身ほとりの赤の華やぎシクラメン 竹田ひろ子 弘香   
1 安い物溢れ貧しき師走かな 水貴 岳洋   
1 パンを買う駅の聖樹に灯のともる 名倉悦子 美智子  
1 冬木立もるる陽光獣道 中根千恵子 美智子  
1 ぴよんと飛ぶ足軽々とかじけ猫 佐藤弘香 けいし   
1 大銀杏ひび割れ深く冬構 石川寿夫 美智子  
1 冬空へ歓喜のこだまシュート成る 石川寿夫 岳洋  
1 歯を削る音に重なるジングルベル 竹田ひろ子 とをる  

次回お知らせ

 期 日  2019年1月26日(土曜日)午後1時

 場 所  杉並四宮集会所

 欠席投句の方は昨年同様よろしくお願い申し上げます。


句会報に間違いが御座いましたら吉田克美迄お知らせ下さいます様にお願い申し上げます。

                ☎042-591-3429 携帯☎090-5209-4598