関東ブロック鍛練会《上野恩賜公園周辺》

  ■日時: 平成29年11月21日  ■句会場: 上野・東京文化会館  ■参加者: 18名  ■吟行先: 上野恩賜公園周辺

合点 作      品 作 者 選     者
8 北風を打ち返したる象の耳 田中貞雄 ○主宰 ○一美 ○祐子 文子 誠山 弘香 けいし 孝子   
5 小春日や象の尻尾の三拍子 すずき巴里 ○貞雄 ○京子 ○文子 讃良 克美  
5 蓮枯れて池たっぷりと日を使う 金田けいし ○主宰 ○克美 ○誠子 孝子 誠山  
4 冬の日をまさぐるやうに象の鼻 中島讃良 貞雄 克美 邦 文子  
4 神無月珍獣奇獣憩ふ森 尾形誠山 主宰 ○讃良 ○孝子 貞雄  
4 檻なのか舎と呼ぶべきか冬青空 山本孝子 ○主宰 弘香 一美 美惠子  
4 小春日のカントデカルトゴリラかな 山本孝子 ○啓花 ○美惠子 誠子 邦  
4 着ぶくれてハシビロコウに見つめらる 山本孝子 ○讃良 貞雄 弘香 一美  
4 象の鼻もてあましたる日向ぼこ 森井美惠子 主宰 ○けいし 貞雄 祐子  
4 北極熊水中にみる足の裏 森井美惠子 主宰 ○邦 ○京子 貞雄  
3 唐門を抜け冬天に昇り龍 竹田ひろ子 ○克美 ○誠山 ○千女  
3 小春日のライオン午後を持て余す 中島讃良 主宰 ○貞雄 一美  
3 神木の樟の大息冬真中 中島讃良 ○千女 弘香 京子  
3 北斎もゴッホも上野落葉踏む 尾形誠山 貞雄 啓花 弘香  
3 上野の森鳥語人声落葉散る 河村啓花 ○京子 貞雄 弘香  
3 開運の旗打つ北風や辨天堂 河村啓花 ○けいし ○祐子 貞雄  
3 枯葉舞ふ真つ只中をチェロ奏者 すずき巴里 ○千女 京子 文子  
3 小春日や眼を伏すキリン付睫毛 森井美惠子 けいし 克美 邦  
3 破蓮の水面切れ切れ空映す 澤本 邦 けいし 克美 祐子  
3 縞馬も麒麟もラガーシャツを着て 田中貞雄 ○主宰 啓花 孝子  
3 朱の橋を背に色変えぬ月の松 新井京子 主宰 ○弘香 誠山  
3 古戦場を彷彿として枯蓮 竹田ひろ子 ○誠子 ○文子 啓花  
3 玉砂利の奧のしづけさ柚子明かり 能松祐子 文子 誠山 美惠子  
2 弓をひくヘラクレス裸像冬木立 中島讃良 孝子 邦  
2 冬ざれや眼さびしくテナガザル 中島讃良 ○祐子 一美  
2 香香のお披露目間近冬隣 尾形誠山 弘香 京子  
2 冬日影を楯にロダンの地獄の門 田中一美 讃良 けいし  
2 愛らしや冬毛の雷鳥山しらず 下平誠子 一美 邦  
2 おばけ灯籠火袋昏し黄葉かな 吉田克美 啓花 誠山  
2 「考える人」の猫背に冬日跳ね 田中貞雄 弘香 孝子  
2 縞馬の縞に冬日の乱反射 田中貞雄 讃良 文子  
2 玄冬の西行像を山に据ゑ すずき巴里 祐子 誠山  
2 子規球場冬芝の青目眩まし 田中貞雄 主宰 一美  
2 動物も美術も上野紅葉晴 田中一美 ○誠山 誠子  
2 空まさを銀杏落葉のゴッホ展 森井美惠子 ○千女 克美  
2 何処からともなく落葉も人々も すずき巴里 貞雄 祐子  
2 雪国を出て別世界冬日燦 竹田ひろ子 讃良 けいし  
2 シャンシャンの像と撮影冬青空 すずき巴里 ○けいし 邦  
2 銅像や空につめたき身の一つ 塩原千女 誠子 孝子  
2 慰霊碑のリボンに冬の紅葉落つ 森井美惠子 主宰 啓花  
2 唐門の破風を見あぐる着ぶくれて 河村啓花 主宰 けいし   
2 外つ国をキリンは知らず冬の虹 山本孝子 誠子 美惠子  
2 不忍池けふ敗荷に修羅のなし 能松祐子 貞雄 文子  
2 地獄の門の黒の沈黙冬の翳 中島讃良 けいし 一美  
2 煖房に護らる園の鳥獣 樋口文子 邦 美惠子  
2 凍ていしか長きひと脚フラミンゴ 金田けいし 讃良 一美  
2 シャンシャン寝んね木の実のノックお静かに ずずき巴里 ○祐子 誠山  
2 敗荷の幾何学に折れ重なりぬ すずき巴里 ○讃良 孝子  
2 麒麟との言葉はいらぬ小春空 田中貞雄 主宰 ○千女  
1 くろがねのD51つつむ冬日差 能松祐子 美惠子  
1 黄落の一心不乱子規球場 金田けいし 孝子  
1 不忍の十一月の迷彩色 樋口文子 京子  
1 コビトカバお尻つやつや石蕗の花 山本孝子 克美  
1 唐門や龍冬天を恋ふる色 吉田克美 主宰  
1 枯蓮の埋めつくしてや辨天堂 佐藤弘香 啓花  
1 停車場に訛りの消えて冬の朝 竹田ひろ子 邦  
1 空耳にシャンシャンの声冬うらら 竹田ひろ子 讃良  
1 山茶花の心開きて和みけり 佐藤弘香 京子  
1 神留守の動物園の飼育員 すずき巴里 ○美惠子  
1 花八手名前募集のゴリラの子 森井美惠子 貞雄  
1 雪便り北極熊の毛のよごれ 中島讃良 ○誠子  
1 大佛をおさめしパコダ冬磷磷 能松祐子 千女  
1 芸術の森の小道の冬紅葉 塩原千女 美惠子  
1 のぼさんの遺愛の球場寒日和 澤本 邦 ○文子  
1 胸元の日射しころがしかいつぶり 田中一美 克美  
1 散り急ぐプラタナス幹秋色に 澤本 邦 祐子  
1 冬の蠅ゼブラゾーンの背匍匐 森井美惠子 一美  
1 銀杏散る高層ビルとクロサイと 中島讃良 誠子  
1 黄落や東叡山にひもすがら 尾形誠山 文子   
1 冬うらら蓮の乱脈目にせねば 田中貞雄 讃良  
1 枯蓮の花托に鳥の餌を盛りて 山本孝子 ○啓花  
1 猿山は小春の傘下毛繕ふ 田中一美 主宰  
1 時の鐘一打一打に落葉せり 能松祐子 ○啓花  
1 魚影すぎ縮緬びかり冬の池 金田けいし 孝子  
1 カラス語の弾む上野の小春日や 佐藤弘香 ○京子  
1 着ぶくて街騒いつか耳なりに 河村啓花 千女  
1 枯蓮の倒れむとして立ち戻る 佐藤弘香 ○京子  
1 秋の園横文字絵馬のあまたなり 新井京子 ○邦  
1 破蓮や空ひろびろと鳥の声 金田けいし 千女  
1 上野の森全身に浴ぶ照紅葉 新井京子 千女  
1 口一文字西どんに枯葉舞ふ 尾形誠山 ○誠子  
1 はんざきを見し眼を癒すかいつぶり 中島讃良 弘香  
1 冬ざれやハシビロコウの立ち姿 金田けいし 誠山  
1 シャンシャンの公開待ちぬ小春かな 新井京子 千女  
1 枯蓮の遍し日差し我も受く 河村啓花 美惠子  
1 冬帽子大道芸のトランペット 澤本 邦 美惠子  
1 銀杏黄葉照り翳りして西像 新井京子 ○啓花  

【戻る】