■日時: 平成30年4月19日  ■句会場: 赤湯公民館  ■兼題: 草  ■参加者: 20名

合点 作      品 作 者 選     者
5 春昼や睡魔に刻を置き忘れ 吉水翔並 つとむ ○ひろ子 綾子 加津 ○結  
5 雪解水あまねし草の息弾む 佐藤弘香 ○玲華 綾子 加津 ひろ子 ○結  
5 花冷えや憲法語るひさしの忌 金子つとむ 美智子 加津 いづみ 次代 結  
5 初つばめ被災の島の横たはる すずき巴里 美智子 玲華 加津 いづみ ○次代  
4 サッカ―の声暮れ残る花明かり 渡部次代 つとむ いづみ 公子 ひろ子  
4 春暁の覚めていのちのありがたき 吉水翔並 つとむ あやこ いづみ 結   
4 花万朶真白き闇を作りをり 竹田ひろ子 公子 千恵子 加津 次代  
4 桜咲く茂吉の駅で人を待つ 降幡加津 美智子 つとむ 千恵子 次代   
4 雑草といふ名はあらじ草萌ゆる 金子つとむ 千恵子 加津 いづみ ひろ子  
4 城濠に傾るる桜破格なり 池内結 美智子 ○公子 玲華 加津  
4 うきたむや名草醜草芽吹き初む 池内結 次代 千恵子 玲華 ○いづみ  
3 金縷梅の花に陽の渦風の渦 池内結 つとむ ひろ子 次代  
3 隠沼に暁光集め草芽吹く 中根千恵子 つとむ 玲華 ひろ子  
3 ひと筆の仄と富士の嶺花曇 吉田克美 つとむ いづみ 結  
3 鯉の池きらりひらりと桜咲く 佐藤弘香 美智子 つとむ 千恵子  
3 闇深し春の匂ひの埋め尽くす 竹田ひろ子 美智子 ○加津 次代  
3 踊り子草みんなマドンナ一考忌 鳥居美智子 玲華 いづみ 結   
3 戊辰戦の哀史の石碑草青む 佐藤いづみ 美智子 加津 結  
3 現世のなさけ佳かりし八重桜 河村啓花 ○美智子 加津 玲華  
3 路地裏の生活の匂ひさくら草 河村啓花 ○つとむ 千恵子 玲華  
3 藪つばき地を赤く染め城の跡 安達禎子 美智子 いづみ ひろ子 
3 天を突く塔の宝輪風光る 中根千恵子 いづみ ひろ子 結  
3 風澄ましをり片栗の花の群れ すずき巴里 つとむ ひろ子 結  
3 その日までこの家で暮らす春の草 金田けいし ○ひろ子 玲華 綾子  
2 風折れの一枝除けばとかげの子 金田けいし 美智子 公子  
2 草々の力む野原や風ひかる 田中一美 千恵子 加津  
2 拍手して開花宣言招魂社 田中一美 綾子 次代  
2 三椏のふくふく育つ法鼓の音 佐藤弘香 ひろ子 次代  
2 草草の匂ひや春の甲子園 すずき巴里 いづみ 次代  
2 角砂糖砕ける早さ春の雪 酒井公子 千恵子 いづみ   
2 全山の花に見られて朝湯かな 金子つとむ 千恵子 結  
2 名刹や熾火のごとき牡丹の芽 池内結 ○美智子 いづみ  
2 草原に十二単の風の宴 酒井公子    美智子 結  
2 薬草を摘んで天婦羅花の冷え 阿部綾子 公子 ○いづみ   
2 ひそと守る五大明王芽吹き山 佐藤弘香 つとむ 加津  
1 葉桜や遠き富山へ喪の旅に 佐藤玲華 ○千恵子  
1 山茱萸の花やいよいよ畑仕事 佐藤玲華 つとむ  
1 校門の飛花くぐり来る新入生 吉田克美 美智子  
1 銀輪のたむろして待つ春落日 渡部次代 美智子  
1 草青む手入れ終へたる果樹畑 佐藤玲華 美智子  
1 母の手を抜けて石蹴り入学児 酒井公子 美智子  
1 茎立や立花のごとく見て飽かず 河村啓花 美智子  
1 摺子木でする初摘みの蕗の薹 阿部綾子 美智子  
1 甘茶寺仏足石も花囲み 中島讃良 加津  
1 小さき青秘めし枯草径柔し 渡部次代 公子  
1 草花の五つ衣なす春の畦 佐藤いづみ 玲華  
1 白雲の伸び縮みして山笑ふ 竹田ひろ子 美智子  
1 花吹雪浴びたる子らの声はしる 河村啓花 ○綾子  
1 囀を拾うて深山へ歩を入れぬ 吉水翔並 玲華  
1 花満月裏表なくしたたれり 吉田克美 公子   
1 ほそき月傾きをりぬ春の草 降幡加津 玲華   
1 南朝の山遠巻きに昭和の日 鳥居美智子 結  
1 吾妻嶺に焔の如く春夕焼 佐藤いづみ つとむ  
1 花種を蒔くや幼の手を借りて すずき巴里 次代  
1 朧夜の湯に花ひらく中国茶 中島讃良 綾子  
1 春風や声の弾ける幼稚園 金田けいし 綾子  
1 両袖に若草展げロ−カル線 吉水翔並 結  
1 鳥雲に人振り向かず行き交へり 阿部綾子 千恵子  
1 囀りや樹樹の狭まり飛び行きぬ 中根千恵子 ひろ子  
1 高階へ桜吹雪のひとかけら 中島讃良 結  
1 さんざめく濠の松風残り雪 中根千恵子 加津  
1 姉妹紫蘭鈴蘭草萌ゆる 吉田克美 ○つとむ  
1 河豚供養傍らに師の御座布団 鳥居美智子 綾子   

       
       
    5月兼題   『  烏  』  渡部次代さん出題
     
      次  回   平成30年5月17日  午後1時15分 (木曜日) 
       
      会  場   赤湯公民館