■日時: 平成31年2月21日(木〉  ■句会場: 赤湯公民館  ■兼題: 語  ■参加者: 18名

合点 作      品 作 者 選     者
5 甘噛みの猫の目玉や春兆す  阿部綾子 主宰 美智子 結 ひろ子 加津  
5 虎落笛咆哮あとの忍び音や 吉田克美 ひろ子 つとむ 綾子 次代 玲華  
5 薄化粧ほどの春雪まぶしめり 河村啓花 主宰 結 ひろ子 ○綾子 玲華  
5 笹鳴や土偶目覚むる考古館 金子つとむ 美智子 結 ひろ子 加津 次代  
5 雪灯籠セピアに染まる鷹山公 吉田克美 主宰 〇美智子 ひろ子 玲華 禎子  
5 炬燵寝に生死を問ふも生返事 吉水翔並 主宰 美智子 ○ひろ子 ○つとむ 禎子  
4 雛飾る順序を雛と語りつつ すずき巴里 美智子 結 加津  禎子   
4 寒の夜の人肌の暖糀花 渡部次代 美智子 つとむ 加津 綾子  
4 折鶴に命吹き込む春の呼気 池内結 ○美智子 加津 次代 玲華    
4 一戸づつ訪ぬるごとく寒牡丹 阿部綾子 主宰 美智子 ひろ子 つとむ  
4 牡丹雪稗田阿礼の語辞 鳥居美智子 ひろ子 つとむ ○加津 玲華  
3 朝まだき闇ほどきそむ梅一輪 金田けいし 主宰 結 つとむ    
3 春立つや闇の固さの解かれゆく 竹田ひろ子 主宰 綾子 ○次代  
3 語部の咳は演技かほんまもん 吉水翔並 主宰 美智子 玲華    
3 雪降らぬさびしさを言ふ雪灯籠 佐藤弘香 主宰 つとむ 綾子  
3 落ちそびれ風と語らふ凍て榠樝 田中一美 美智子 結 つとむ  
3 蝋梅の花に疲れの出て二月 中島讃良 〇美智子 結 禎子    
3 どんと火の果てて黄昏匂ひそむ  金田けいし 美智子 ひろ子 綾子  
3 好事魔多しきさらぎの魔を祓ふ 中島讃良 美智子 ○加津 次代  
3 声高に酔漢語る雪の街 金子つとむ ○ひろ子 加津 次代    
3 余寒なほ拉げし箱を束にして 河村啓花 美智子 つとむ 次代  
3 綺羅星の闇夜に光る余寒かな 阿部綾子 美智子 ○結 玲華  
3 語りせば思ひ出尽きぬ春燈下 竹田ひろ子 美智子 玲華 禎子  
2 手作りのスカ一ト仕上げ春の風 降幡加津 主宰 美智子 
2 語部や先ずは囲炉裏に手を翳し 佐藤いづみ ○主宰 美智子 
2 語気強めこころ汚るる春の闇 佐藤弘香 主宰 〇美智子 
2 誰が織りし絹の手触り春コ一ト 佐藤弘香 ○主宰 美智子 
2 語部の館囲炉裏火外国語 安達禎子 主宰 ひろ子    
2 鰭酒の鰭濃く焦がし極意かな 吉田克美 美智子 加津    
2 木の芽風稚児と交せし喃語かな 池内結 次代 玲華    
2 阿兄の樹倒れし態に春立ちぬ 鳥居美智子 加津 玲華  
2 味噌豆煮る木の家を湯気溢れ出し すずき巴里 ○美智子 次代  
2 ひとりでも出来る指切りおぼろ月 鳥居美智子 玲華 ○禎子  
2 私語やみて卒業式の式次第 金田けいし ○主宰 結  
2 振り向けばのつぺらぼうや雪女郎 金子つとむ 主宰 ひろ子  
2 工場の煙山這ふ雨水かな 渡部次代 美智子 禎子  
2 橋に立ち手庇で見る富士朧 佐藤弘香 美智子 結  
2 海風に語尾のふるへや黄水仙 河村啓花 〇美智子 結  
2 若人の語感に惑ふバレンタインデ― 中島讃良 つとむ 玲華  
2 白鳥帰る銀の翼をことさらに すずき巴里 結 加津   
2 餌にむるる金切り声の百合鴎 田中一美 美智子 つとむ  
2 裏道のもの芽のこゑか空耳か 河村啓花 美智子 次代  
2 これまでのこれからの恩梅匂ふ すずき巴里 ○結 ○玲華  
2 コ―ト脱ぐ等身大の影絵かな 鳥居美智子 綾子 次代  
1 其も其もと話はじまる遅日かな 渡部次代 美智子  
1 春立つや流るる雲の影流る 吉水翔並 美智子  
1 子に請われ寒鱈汁の夕餉なり 安達禎子 美智子  
1 甕の花ひとつ綻ぶ句会の日 渡部次代 美智子  
1 トントンと屋根の鴉か冬温し 金子つとむ 美智子  
1 斑雪野に貨物列車の音響く 安達禎子 美智子  
1 ビル窓の灯のみな消えて冴返る 中島讃良 加津  
1 如月や朗読女優の野辺おくり 佐藤いづみ 綾子    
1 地元からの昔語りやちやんちやんこ 佐藤玲華 綾子  
1 寄添ふて冷気の朝の雀の子 佐藤玲華 禎子  
1 凍て雲や影を引きつつ漁舟 田中一美 加津  
1 吾を見つむ猫の子の瞳に魅了さる 竹田ひろ子 禎子    
1 乾杯や相見互ひの新年会 金田けいし 禎子    
1 語部のとつとつ語る囲炉裏端 竹田ひろ子 加津    
1 星星の交信潤み春立てり 池内結 つとむ  
1 餅花や煤けし梁を隠すごと 佐藤いづみ 結    
1 人としてA技代空寒し 吉水翔並 ○美智子 

    
    
     3月兼題   『  公  』  竹田ひろ子さん出題です。
     
     
        次  回  平成31年3月21日  午後1時15分 (木曜日)
       
        
        会  場  赤湯公民館