■日時: 令和元年12月19日  ■句会場: 赤湯公民館  ■兼題: 狐  ■参加者: 18名

合点 作      品 作 者 選     者
5 独り居や狐狸の訪れあるもよし 金子つとむ ○主宰 美智子 ひろ子 加津 ○綾子   
5 狐火や民話の里の闇深し 河村啓花 ○主宰 つとむ いづみ 次代 ○玲華  
4 ひそやかに時を育む竜の玉 中島讃良 美智子 ひろ子 つとむ 禎子   
4 マスクして心の弱み隠すかに 竹田ひろ子 美智子 加津 綾子 玲華   
4 狐火のひとつ紛れし山の宵 渡部次代 〇美智子 ○ひろ子 加津 玲華    
4 枯菊を起こしなほ香の残りをり 佐藤玲華 美智子 いづみ 次代 禎子    
4 雪迎へ発てり蒼穹無音界 池内結 主宰 〇美智子 ひろ子 ○つとむ    
3 水鳥の水尾ひかりつつすれちがふ 中島讃良 ○主宰 〇美智子 次代   
3 星明り重ね合はせし初氷 渡部次代 主宰 玲華 禎子    
3 冬木の芽ひと日こまごま使ひ切る 河村啓花 主宰 美智子 つとむ   
3 子狐の声か手ぶくろ編みをれば すずき巴里 美智子 綾子 玲華    
3 冬日和こころひらくに帽子脱ぎ 阿部綾子 ○主宰 美智子 つとむ    
3 捨てられず子の温もりのねんねこや 降幡加津 美智子 ひろ子 玲華   
3 狐火や遠嶺降り来し対向車 吉田克美 主宰 美智子 いづみ  
3 狐火を語る語部尖り顔 吉水翔並 ○ひろ子 玲華 禎子    
3 野暮用のまた一つ増え年の暮 金子つとむ 美智子 ひろ子 加津   
3 木枯らしや佳境の舞台のごん狐 佐藤いづみ ひろ子 綾子 禎子  
3 公文書狐火のごと消えにけり 吉水翔並 つとむ 加津 玲華   
3 おさむ忌の笛吹きやかんピ一と鳴る すずき巴里 美智子 つとむ ○いづみ 
3 冬晴れの美空に高き鳶の笛 佐藤いづみ つとむ ○加津 禎子」   
3 下枝の笹鳴き母に逸れしか 鳥居美智子 ひろ子 加津 次代   
3 しぐるるや飛びては落つる群雀 田中一美 綾子 次代 ○禎子    
3 冬ざくら一期のいのち耀かす 池内結 美智子 つとむ 加津   
2 ねぎ味噌は男の料理当り鉢 渡部次代 美智子 いづみ   
2 光合ひ豆粒ほどの冬木の芽 佐藤玲華 いづみ 次代   
2 しやつくりの途中みかんの届きたる 阿部綾子 美智子 次代   
2 父の居ぬ子供時代や雪しまく 佐藤弘香 主宰 美智子 
2 摺鉢山とふ古墳をつつむ冬紅葉 金子つとむ 美智子 玲華   
2 喧喧諤諤諸説ありとてみかん食ぶ 吉田克美 加津 禎子   
2 襟元に小狐ひよつこり顔出せり 降幡加津 ひろ子  いづみ   
2 初雪を蹴り青空へ児等の声 渡部次代 美智子 禎子   
2 身にまとふ薄日遍ねし枇杷の花 河村啓花 美智子 いづみ    
2 習はしの狐を祀る稲荷様 佐藤玲華 次代 綾子   
1 数へ日や孫の運針道半ば 吉水翔並 次代    
1 バス停や降りますボタン押せば雪 すずき巴里 いづみ  
1 赤信号背後に寄り来風邪の神 河村啓花 主宰  
1 熱燗の隣りコトンとオンザロック 吉水翔並 主宰  
1 しぐるるや博物館のうすあかり 金田けいし 主宰  
1 みちのくの啓翁桜出荷かな 佐藤玲華 〇美智子  
1 顔のある狐の襟巻捨てきれず 佐藤弘香 美智子  
1 乾坤のあはひ混沌冬の霧 池内結 美智子  
1 悠久の大河の流れ雪を生む 竹田ひろ子 美智子  
1 漁火や時々狐火まぎれ込む 金田けいし 加津   
1 植込みに光敷きつめクリスマス 金田けいし いづみ  
1 日照雨来て山の狐の嫁入りす 竹田ひろ子 つとむ   
1 クリスマスサガ狐とすれちがふ 鳥居美智子 綾子    
1 君が代に二番ありしと古日記 鳥居美智子 ○次代    
1 狐火に憑かれて雨を帰りし日 中島讃良 ひろ子    
1 救護所の檻の狐の細り面 阿部綾子 禎子    
1 名声も欲も無かりし年暮るる 佐藤弘香 綾子    
1 若き日や狐の襟巻憧れし 池内結 綾子   
1 道しるべ不意を衝きたる冬の霧 佐藤いづみ 玲華   
1 電車行く庭先のみかん揺らしつつ 安達禎子 綾子   
1 シラノドベルジュラックの恋やラフランス すずき巴里 〇美智子  

    
     
     1月の兼題   『  初夢  』  主宰 出題です。
     
     
     次  回    令和二年1月16日  午後1時30分 (木曜日)
    
     
     会  場    赤湯公民館
     
     
      明けましておめでとうございます。 昨年は大変お世話になりました。
      
      本年もよろしくお願いいたします。