■日時: 平成29年12月3日 午後12時30分〜  ■句会場: 花見川いきいきセンター  ■兼題: 形  ■参加者: 18名

合点 作      品 作 者 選     者
6 枯すすき風の形のなびき癖 金田けいし 主宰 誉白 誠山 ○玉子 富夫 美惠子   
6 漱石忌届く切手にお人柄 福島玉子 ○誉白 ○誠子 新之助 ○富夫 美惠子 祐子   
5 茶の花や静けさと云う力もて すずき巴里 誠子 さくら子 玉子 美惠子 祐子  
5 芝居跳ねおでん頬張る女形 尾形誠山 富翁 誉白 誠子 ○新之助 玉子   
5 佃煮を買ふために行く三の酉 小林共代 ○主宰 ○富翁 〇誠山 富夫 邦  
4 佐多岬鷹の渡りを真向ひに 小林共代 主宰 富翁 美惠子 祐子  
4 着ぶくれて車中立ちつつ数学A 森井美惠子 誠子 玉子 ○祐子 ○邦  
4 霜晴や遠富士空の紺の中 河村啓花 主宰 誠山 玉子 富夫  
3 筑波山据ゑて冬空ひきしまる 柴田佳代 主宰 誠山 〇美惠子  
3 残菊や矍鑠として独吟す 東條さくら子 ○主宰 誉白 新之助  
3 チバニアン世界の千葉へ冬日かな 本保富夫 誉白 美惠子 祐子   
3 冬仕度母の形身の重石かな 澤本邦 ○誠山 玉子 富夫  
3 吾が肩へ寄る冬の蠅ゆるしやる 河村啓花 主宰 ○玉子 美惠子   
3 電飾の点灯開戦日の近し すずき巴里 富翁 誉白 ○誠子   
3 古地図手に討入りの道冬の薔薇 下平誠子 さくら子 祐子 邦  
3 木枯や赤いジープに励まされ 澤本邦 ○主宰 誠山 さくら子  
3 陽が陰り菊人形の形相や 福島玉子 誉白 ○美惠子 ○祐子   
3 何んとなく気分が変る師走かな 鈴木富翁 誠山 富夫 祐子   
3 鰤起し漁船は波間に隠れけり 南澤傘仲 主宰 美惠子 邦  
3 失ひしゴッホの耳や虎落笛 能松祐子 ○主宰 誠子 邦  
2 寒空や富士の美形の遥かなる 近藤ともひろ 誠山 玉子   
2 介護されつくづく勤労感謝の日 鶴巻誉白 富翁 玉子   
2 ひさかたの銀座大路の師走空 南澤傘仲 主宰 富夫   
2 重ぬれば力士手形の冬ぬくし 能松祐子 ○さくら子 ○邦  
2 山茶花の散りて華やぐ狭庭かな 鶴巻誉白 主宰 さくら子   
2 鰭酒の香りに酔いて至福感 長屋新之助 誉白 さくら子   
2 山の形半端に隠す冬の霧 河村啓花 誠山 玉子  
2 形ある義理の務めの師走かな 南澤傘仲 誠子 新之助   
2 杖引きて父の形見の冬帽子 近藤ともひろ ○誉白 美惠子  
2 蟷螂の枯れゆく顔の三角形 鶴巻誉白 新之助 邦  
2 山茶花や千葉はここぞとチバニアン 本保富夫 富翁 ○新之助  
2 上野山菰に美形の寒牡丹 近藤ともひろ さくら子 富夫  
2 膝掛や好きな句拾ひ詠みをして 河村啓花 主宰 ○さくら子   
2 追憶の振子の揺れや置炬燵 尾形誠山 誠子 新之助  
2 柿落葉記憶の底の背戸明かり 能松祐子 誠山 さくら子  
1 ケーキのみ形許りのクリスマス 長屋新之助 邦   
1 自然薯や二本の竹と束にして 東條さくら子 富翁  
1 木枯しや人は何処行く近未来 鈴木富翁 新之助  
1 落葉散る影の形に添ふごとく 森井美惠子 ○主宰   
1 見えを切り姿も決まる菊人形 本保富夫 邦  
1 冬トレの親子の形子の素振り 鈴木富翁 ○富夫  
1 枯れつくし大地やすけき十二月 能松祐子 ○主宰   
1 雪吊の松の形容泰然と 柴田佳代 新之助  
1 鳥渡る十二、三羽の高く高く 福島玉子 富夫  
1 あやかしか落葉の舞ひに猫そぞろ 福島玉子 富翁  
1 踏む落葉リードの犬とおちばふむ 森井美惠子 祐子  
1 大晦日賃餅の紙張られおり 澤本邦 新之助  
1 ねんねこの夢見る丸き眼かな 尾形誠山 富翁  
1 エプロンをきりりとしめて霜日和 柴田佳代 誉白  
1 人形劇の軽きうなづき冴ゆる月 東條さくら子 主宰   
1 冬桜泡吹くごとく咲きにけり 金田けいし 祐子  
1 雪降りて郷里の老母の便りかな 南澤傘仲 邦  
1 人形師仕事納めて五歩あゆむ 近藤ともひろ 富夫  
1 達磨の目一つを入れて冬座敷 柴田佳代 誠子   
1 磯菊や雲湧く果ての水平線 金田けいし さくら子  
1 地を走る落葉の音の重なりぬ 澤本邦 主宰   
1 這ふやうに基地鉄柵に草紅葉 下平誠子 ○富翁  

[備考] 選者欄の○は特選句を示します。

★次回句会★

【日 時】  平成30年1月7日(日曜日) 12:30〜
【場 所】  花見川いきいきセンター(花見川交番裏)
        TEL: 043-286-8030
    入館に必要のため身分証明書をご持参ください。
【出 句】  兼題は『和』出題者 柴田佳代さん
       兼題1句、当季雑詠3句の計4句。
【欠席投句】
     短冊4本、出句控1枚、千円を同封し、平成30年1月5日(金)までに 尾形誠山宛郵送くださるようお願い致します。
         〒262-0019 千葉市花見川区朝日ヶ丘3-4-21
                TEL/FAX: 043-271-6939

★お願い★

句会報又は発送(住所変更を含む。)に関し何かありましたら、ご面倒でも尾形誠山までご連絡下さい。宜しくお願いいたします。 
以上