■日時: 平成30年5月6日 午後12時30分〜  ■句会場: 花見川いきいきセンター  ■兼題: 爪  ■参加者: 18名

合点 作      品 作 者 選     者
7 草の灰汁爪に残りし立夏かな 下平誠子 主宰 誉白 誠山 さくら子 玉子 美惠子 好美  
6 二人静金婚てふも通過点 能松祐子 主宰 富翁 和夫 誠子 ○玉子 邦  
6 青葉風新人駅員メモを見る 森井美惠子 主宰 玉子 祐子 共代 ○邦 ○好美  
5 爪立ちて掴む鉄棒一年生 金田けいし 主宰 和夫 誉白 誠子 玉子  
5 予後風呂の菖蒲隈無く肌撫でり 東條さくら子 主宰 新之助 ○誠山 邦 好美  
5 水彩の雨ふりそそぐ植田かな 下平誠子 ○富翁 ○新之助 誠山 ○さくら子 ○邦  
5 お題出て爪切草を知りにけり 中山好美 和夫 誉白 新之助 玉子 美惠子  
5 爪を切る夫の背まるし春障子 能松祐子 主宰 富翁 ○誠子 ○新之助 玉子  
5 若桜連勝棋士の駒の音 渡辺和夫 富翁 誠子 誠山 さくら子 玉子  
4 箸立の箸のカラフルこどもの日 すずき巴里 富翁 さくら子 ○美惠子 ○共代  
4 意気高しデモ打上げの生ビール 鈴木富翁 主宰 ○誉白 新之助 共代  
4 たんぽぽのエールひとりの転入生 下平誠子 主宰 さくら子 ○祐子 共代  
4 若葉風爪音高き四歳馬 尾形誠山 主宰 ○富翁 誉白 ○美惠子  
4 ハーブティポットの中より夏は来ぬ 森井美惠子 主宰 祐子 邦 ○好美  
4 母の日と息子に言はれさう思ふ 小林共代 主宰 ○誠子 美惠子 祐子  
3 鉤爪で運ぶ針金鴉の巣 長屋新之助 和夫 誠子 美惠子  
3 引越の衣裳ケースや柿若葉 金田けいし 誠山 さくら子 美惠子  
3 雨蛙母の爪切る音しづか 森井美惠子 ○主宰 ○誉白 ○共代  
3 草若葉水奔りだす用水路 河村啓花 主宰 美惠子 共代  
3 薫風や御朱印場の列の中 東條さくら子 ○主宰 誠山 祐子  
3 十七歳爪の長さや桜貝 近藤ともひろ ○玉子 邦 好美  
3 更衣襟元直す赤い爪 近藤ともひろ 和夫 誉白 好美  
3 花屑を掃くや募りし不戦の念 金田けいし ○主宰 誠子 ○さくら子  
3 冠を編んで童心菖蒲の湯 渡辺和夫 誉白 さくら子 祐子  
2 夏立つや爪先立ちのダイエット 尾形誠山 誉白 玉子  
2 花嵐寄らば切るぞの二刀流 渡辺和夫 富翁 邦  
2 象徴の籾蒔く瑞穂の国であり 鶴巻誉白 和夫 さくら子  
2 湯上りの母の爪切る春の午後 澤本邦 ○主宰 祐子  
2 しなやかな子らの爪立ち春の芝 河村啓花 誠山 共代  
2 爪染めし事遠くなり多佳子の忌 小林共代 主宰 好美  
2 若布汁役所メニューのA定食 能松祐子 主宰 さくら子  
2 双蝶チュチュひらひらと発表会 福島玉子 主宰 誠子  
2 薫風にファーとみどり児大あくび 澤本邦 美惠子 共代  
2 爪砥ぎて糶を気にする小猫かな 近藤ともひろ 祐子 好美  
2 爪を研ぐ悪も憲法記念の日 尾形誠山 富翁 誠子  
2 初夏の真つ赤な爪の少女かな 近藤ともひろ ○誠山 好美  
2 姉妹都市カナダの空や鯉のぼり 澤本邦 主宰 和夫  
2 夫の爪切りて五月を踏ますかな すずき巴里 ○祐子 好美  
2 五月かな艀に垂れし縄梯子 小林共代 ○主宰 新之助  
2 木漏れ日の轍に花の塵はるか 中山好美 主宰 誠山  
2 粽剥く小爪の消えし病み上り 渡辺和夫 新之助 美惠子  
2 露天風呂媚薬の色香夜の藤 福島玉子 ○和夫 新之助  
1 猟犬も飼主も老ゆ薔薇館 すずき巴里 富翁  
1 菖蒲湯に伸ばす米寿の皺としみ 鶴巻誉白 邦  
1 葉桜や鞄の底の晴雨傘 河村啓花 共代  
1 春の夕爪切る度の時早し 本保富夫 邦  
1 遥かな夏母と若草物語 下平誠子 共代  
1 みどりさす恋文横丁由来の碑 小林共代 主宰  
1 駆け抜けし青葉若葉の下り坂 鈴木富翁 新之助  
1 袈裟懸けの写経に正す聖五月 東條さくら子 好美  
1 春休み平和祈願の鶴を折る 金田けいし 富翁  
1 ネイルして銀座歌舞伎座新樹光 東條さくら子 玉子  
1 ネモフィラの丘蒼茫と海展け 能松祐子 主宰  
1 茶碗落つ忘れ事あり四月尽 中山好美 祐子  
1 愛着が故の爪跡武者人形 尾形誠山 ○和夫  
1 土手くだる風やりすごす豆の花 河村啓花 誠山  
1 行く春の時の流れや伸びる爪 本保富夫 誉白  
1 セレナーデギター爪弾く春の宵 鶴巻誉白 新之助  

[備考] 選者欄の○は特選句を示します。

★次回句会★

【日 時】  平成30年6月3日(日曜日) 12:30〜
【場 所】  花見川いきいきセンター(花見川交番裏)
        TEL: 043-286-8030
    入館に必要のため身分証明書をご持参ください。
【出 句】  兼題は『傘』出題者 澤本邦さん
       兼題1句、当季雑詠3句の計4句。
【欠席投句】
     短冊4本、出句控1枚、千円を同封し、平成30年6月1日(金)までに 尾形誠山宛郵送くださるようお願い致します。
         〒262-0019 千葉市花見川区朝日ヶ丘3-4-21
                TEL/FAX: 043-271-6939

★お願い★

句会報又は発送(住所変更を含む。)に関し何かありましたら、ご面倒でも尾形誠山までご連絡下さい。宜しくお願いいたします。 
以上