■日時: 平成30年5月16日  ■句会場: 大阪中の島中央公会堂  ■兼題: 歩  ■参加者: 10名

合点 作      品 作 者 選     者
6 通し矢の射場を真直に夏燕 有本惠美子 ○主宰 美智子 淳子 ○圭子 ○博子 ○由美  
4 夕郭公果無き皇子の逃避行 池端英子 ○美智子 博子 惠美子 凉宇子  
4 ぽんと出され上海蟹と格闘す 池端英子 主宰 美智子 圭子 博子  
4 短夜の自づと消ゆる己が影  鳥居美智子 主宰 英子 ○博子 凉宇子  
4 ボーリングのピンはじく音ソーダ水 永田圭子 主宰 淳子 英子 ○凉宇子  
4 与力町同心町へ夏燕 永田圭子 主宰 美智子 淳子 英子  
4 客人を待つ間も蕗の味加減 佐藤凉宇子 主宰 美智子 孝子 博子  
4 鳶尾やこの世に残す都喜右衛門 鳥居美智子 主宰 圭子 英子 惠美子   
4 夾竹桃真赤那覇空港は晴 永田圭子 主宰 美智子 淳子 博子  
3 二世帯の二つの湯船菖蒲の日 すずき巴里 美智子 淳子 圭子  
3 踊子草群れて吉野の九十九折 田伏博子 淳子 英子 惠美子  
3 島々の光纏ひてつばめ来る 鳥居美智子 博子 惠美子 凉宇子  
3 花みかん匂うて熊野古道果つ 田伏博子 ○主宰 圭子 ○惠美子  
3 ブーゲンビリア煉瓦造りの領事館 池端英子 美智子 淳子 凉宇子  
3 九輪草離るるひとを見守りぬ 佐藤凉宇子 美智子 英子 由美  
3 芍薬の香り重りの揺るるかな すずき巴里 ○孝子 ○惠美子 凉宇子  
3 芍薬に鋏の音や雨催ひ 田伏博子 主宰 孝子 由美  
3 三線間遠にがじゅまるの木下闇 永田圭子 主宰 美智子 惠美子  
3 歩道橋ぱっと日傘の花ひらく 永田圭子 ○主宰 美智子 孝子  
3 神輿出す指揮は頭の掌 能登由美 美智子 圭子 惠美子  
3 万緑に仁王の一歩大草鞋 田伏博子 ○淳子 ○圭子 孝子  
2 山蟻のつと歩みよる翅一枚 佐藤凉宇子 ○英子 由美  
2 三骨一廟ひと房残る白き藤 佐藤凉宇子 ○美智子 孝子  
2 子らの声バラ園に満ち亭午かな 北村淳子 美智子 由美  
2 言問の団子モグモグ業平忌 能登由美 ○淳子 博子  
2 俊寛に菫の侍る喜界島 鳥居美智子 圭子 惠美子  
2 すれ違ふ空似の人や花樗 北村淳子 ○美智子 由美  
2 俊寛の力足より揚羽蝶 鳥居美智子 ○英子 ○凉宇子  
2 阿闍梨橋渡る行者に若葉風 能登由美 圭子 惠美子  
2 五月来る風は光をまとひつつ すずき巴里 孝子 博子  
2 椎の花シヴァ神の眼のひかりかな 有本惠美子 美智子 凉宇子  
2 ジョギングのシューズの白も立夏かな すずき巴里 淳子 圭子  
2 錦木の花や矍鑠たる恩師 田伏博子 主宰 凉宇子  
2 樟若葉夫の一歩に遅れがち 北村淳子 主宰 英子  
2 黄菖蒲の離れ小島や浮見堂 北村淳子 主宰 美智子  
1 新茶汲む香り引き立つ白磁かな 平山孝子 美智子  
1 手古舞の孫に見惚れる神田祭 能登由美 ○美智子  
1 ひなげしの空を風車の攪拌す 田伏博子 美智子  
1 百千鳥まだ為残しの島めぐり 鳥居美智子 由美  
1 たんぽぽの綿毛飛びかふ昼下り 平山孝子 主宰  
1 銀竜草ひそひそ話してゐたる 北村淳子 美智子  
1 禁門の変の烈士や竹落葉 北村淳子 美智子  
1 竹林に新芽残すや春の風 平山孝子 凉宇子  
1 花樗阿吽の仁王俯瞰せり 佐藤凉宇子 博子  
1 啄木忌人ごみの声異国とも 能登由美 美智子  
1 夕刊を読みては歩く薄暑かな すずき巴里 英子  

【戻る】