■日時: 令和4年6月15日(水)  ■句会場: 大阪中の島中央公会堂  ■兼題: 瀬音  ■参加者: 9名

合点 作      品 作 者 選     者
5 流れには乗らぬ山椒魚眠る 永田圭子 惠美子 小夜子 博子 ゆみ 英子  
4 水匂ふ貴船の闇を初蛍 田伏博子 小夜子 ゆみ 圭子 孝子  
3 登山口の小さき祠に一礼す 池端英子 博子 ゆみ 凉宇子  
3 箱庭に瀬音しかけて農芸科 鳥居美智子 惠美子 〇英子 凉宇子  
3 あれもこれも捨ててしまへと更衣 神田小夜子 〇ゆみ 〇圭子 孝子  
3 揚羽蝶もし唄ふならローレライ 鳥居美智子 惠美子 〇小夜子 英子  
2 浮草の瀬音おぼろに磨崖仏 永田圭子 ゆみ 孝子  
2 朝顔市しばし昼餉の俄雨 能登ゆみ 圭子 英子  
2 鳴きもせず静かに生きて水馬 永田圭子 〇惠美子 〇博子  
2 オフェリアの蘇る夢明易し 鳥居美智子 惠美子 圭子    
2 肉焼いていつか蚊遣のまぎれたる 有本惠美子 小夜子 英子  
2 紫陽花や静かな雨の明月院 池端英子 ゆみ 孝子  
2 しじみ蝶むすんでひらいて御一緒に 鳥居美智子 惠美子 博子  
2 老いの波互に言はず氷菓かな 有本惠美子 小夜子 孝子  
2 一夜さの瀬音なじみし夏館 有本惠美子 小夜子 博子  
2 郭公の遠ちの一声しづごころ 田伏博子 小夜子 圭子  
2 裏道は昭和のままや藜摘む 佐藤凉宇子 惠美子 英子  
2 熊鈴と秘境に入るや山毛欅若葉 池端英子 博子 凉宇子  
2 更衣して美しかりし箸づかい 有本惠美子 圭子 凉宇子  
1 ねだられて鉄道めぐり夏帽子 神田小夜子 凉宇子  
1 新樹光金縁の額正しうす 佐藤凉宇子 博子  
1 ひび割れに染み込む水や青田なる 平山孝子 英子  
1 燕の子ワンドは生きる宝庫かな 能登ゆみ 凉宇子  
1 あぢさいのボンボニエールに金平糖 田伏博子 〇孝子  
1 ファッションショーを一頻り終へ更衣 神田小夜子 ゆみ  
1 神の山のふところ群るる九輪草 田伏博子 〇凉宇子  
1 馬籠宿瀬音の囃す踊子草 田伏博子 圭子   
1 八つ橋にすらり中将てふ菖蒲 永田圭子 孝子  

【戻る】