合点 作      品 作 者 選     者
7 花冷えを外す夕べのイヤリング すずき巴里 ○圭子○喜世子 水貴 みらい 誠山 惠美子 たく  
7 桜まじ全長見せて潜水艦 田中貞雄 ○主宰 圭子 淳子 喜世子 悦子 如月 一美  
7 囀りの時にコーラス時にソロ 田中一美 主宰 ○貞雄 淳子 蓮\浸魁『美子 たく  
5 地虫出づ廊小走りに修行僧 永田圭子 みらい 喜世子 節子 水貴 一美  
5 春月が重さう羽をつけてやろ すずき巴里 ○誠山 ○水貴 ○弘香 一美 蓮 
5 春宵や銀座の路地に小稲荷 尾形誠山 主宰 ○淳子 喜世子 如月 貞雄  
4 朧夜や無人のメリーゴーランド 尾形誠山 主宰 圭子 喜世子 博子  
4 春暁のまだ覚めやらぬ兜太の死 佐藤みらい 節子 蓮\浸魁…舁此 
3 口々に得意のレシピ土筆摘む 田伏博子 ○一美  慶 たく  
3 転生の夢ごこちなる花の昼 田中貞雄 圭子 悦子 水貴  
3 山葵田の水音に常の洗はるる 永田圭子 主宰 ○博子 貞雄  
3 花筏組みかへ鯉の無邪気かな 田中一美 ○惠美子 たく 水貴  
3 湯煙や花またひとつ綻びぬ 入江節子 慶 悦子 如月  
3 満開のさくらくるくる綿飴屋 すずき巴里 ○悦子 誠山 貞雄  
3 踏青の香りを少年期といへり すずき巴里 喜世子 蓮『美子  
2 晴天の雲より甘く藤の白 水貴 喜世子 悦子  
2 花房の微かな揺れも久女ゆゑ すずき巴里 慶 博子  
2 長寿たる勲章のやう幹桜 田中貞雄 淳子 弘香  
2 四月かな豁然として前開け 牧野 慶 惠美子 一美  
2 SLも霞みて渡る大井川 名倉悦子 惠美子 たく  
2 冴え返る人影の無き関ケ原 北村淳子 ○蓮,澆蕕ぁ 
2 紅殼の五重塔や飛花落花 永田圭子 惠美子 一美  
2 亀鳴くや言葉と文字の一人歩き まつのたく 如月 貞雄  
2 花過ぎのお濠の水面の倦怠感 田中貞雄 ○たく 博子  
2 飛鳥路のバスに乗り込む足長蜂 田伏博子 ○節子 淳子  
2 新型のロマンスカーに風光る 如月 みらい 悦子  
2 鎌倉の小流れにある花の雲 水貴 慶 誠山  
2 春疾風仁王剥落すすみをり 佐藤弘香 博子 水貴  
2 はからずも落花のもとの握り飯 田伏博子 圭子 喜世子  
1 春の坂上れば真白き富士の峰 牧野 慶 みらい  
1 八重桜手折りし鬱の増へにけり 佐藤弘香 水貴  
1 海市消え犬のシャンプー買ひに行く 有本惠美子 節子  
1 なんて素直なこんなところにチューリップ 田中一美 誠山  
1 ものの芽のつながり求め地をば這ふ 川南  節子  
1 春うれひ墓守人の枷重し 佐藤弘香 ○如月  
1 老犬とおしみて仰ぐ花吹雪 名倉悦子 圭子  
1 鳥雲に成し遂げなれぬものありて 川南  弘香  
1 届かない処煌く蕗の薹 入江節子 弘香  
1 春北風西も東も揺れている 如月 貞雄  
1 ビル街の止まり木のやう桜咲く まつのたく 蓮 
1 藤房のゆれて近づくイヤリング 永田圭子 蓮 
1 脚長の紳士けりゆく春疾風 田中一美 如月  
1 鳥雲にキッチンタオル漂白す 有本惠美子 博子  
1 満開のミモザ美容院定休日 入江節子 圭子  
1 面差しもわからぬ地蔵に黄水仙 名倉悦子 淳子  
1 狛犬の忿怒を宥むる百千鳥 田中貞雄 如月  
1 芝青む花いちもんめの声高し 名倉悦子 ○慶  
1 風貌の猿石の笑む花菫 有本惠美子 淳子  
1 一張羅に弥生尽のブラシかな 小幡喜世子 弘香  
1 春の風邪ギジギジ軋むベットかな 佐藤みらい 博子    
1 海市消え耳に大きく関西弁 有本惠美子 弘香  
1 海峡の潮目に育てられ鰆 小幡喜世子 主宰  
1 逆さ富士スマホ飛ばして千枚田 佐藤みらい たく  
1 茶畑の畝整然と富士真白 北村淳子 主宰  
1 初蝶の駆り立つる舞ひ闇より来 川南  主宰  
1 十一面観音の頬の花の冷え 水貴 主宰  
1 亀鳴くやキトラ古墳の宿星図 田伏博子 節子  
1 時既に落花の渦となりにけり 川南  ○主宰  
1 かたかごの花に項や鄙の風 小幡喜世子 一美  
1 水瓶に落ちて蒼白花満月 田中一美 惠美子  

【戻る】