合点 作      品 作 者 選     者
6 片付けはけふと思へど春炬燵 尾形誠山 ○小夜子 弘香 美貴子 たく 香葉 貞雄  
6 大好きと小さく言いて卒園す すずき巴里 慶 淳子 一美  惠美子 るりこ 悦子  
6 春寒やおほきく抱くレントゲン 直箟青析 主宰 遼 ひろ子 小夜子 悦子 貞雄  
4 みちのくの人の十年春の月 斉藤るりこ ○悦子 ひろ子 一美 水貴  
4 春コートふわりと戌の日の神社 斉藤るりこ ○遼 ○喜世子 誠山 弘香  
4 北窓を開き畳のやうな海 まつのたく 主宰 青析 ひろ子 誠山  
4 猪止めの柵継ぎ足して耕しぬ 直箟青析 ○主宰 ○淳子 ○弘香 遼  
3 朧どきこのまま忘れ去られたし 田中貞雄 主宰 遼 誠山  
3 範頼の鞭より芽吹く蒲桜 名倉悦子 弘香 青析 貞雄  
3 レジ待ちの足形掠れ春ふたたび 直箟青析 ○香葉 一美 誠山  
3 啓蟄や顔認証の画面前 すずき巴里 つとむ 喜世子 たく  
3 山桜熾火のごとく起きたまえ 佐藤みらい 水貴 たく  
3 前掛けとマスクお揃いお地蔵様 水貴 主宰 たく  香葉  
3 南朝の香を引き連れて賀名生梅 神田小夜子 ○博子 淳子 弘香  
3 針供養我を忘れし母とをり 斉藤るりこ 主宰 ○ひろ子 貞雄  
3 麦踏の一歩を確と学習園 田伏博子 主宰 悦子 美貴子  
3 水温む縄文人の火焔土器 尾形誠山 ○みらい 淳子 水貴  
3 雨足の明るみてきし紫木蓮 有本惠美子 主宰 博子 貞雄  
3 パンジーの脇ののら猫哲学す 内藤美貴子 青析 博子 るりこ    
3 少年の小さき家出草芽吹く すずき巴里 遼 喜世子 るりこ  
3 鳥帰る結びし庵解くごとく 尾形誠山 青析 博子 ひろ子  
3 白梅の空群青に決算期 佐藤みらい 慶 一美  小夜子  
2 花ミモザ自制の血潮掻き立つる 田中貞雄 ○一美 つとむ  
2 十年の節目の余震春の闇 まつのたく ○貞雄 誠山  
2 アネモネや画廊に佇む美少年 田伏博子 悦子 美貴子  
2 紅梅に覗かれており檜の湯 水貴 つとむ 小夜子  
2 取り敢えずワクチン待つ間二日灸 近藤 遼 近藤 遼  
2 コロナ禍も穏やかに棲み種を蒔く 神田小夜子 一美 惠美子  
2 啓蟄や変異ウィルス増殖す 金子つとむ みらい 水貴  
2 それぞれの十年があり震災忌 金子つとむ ○慶 みらい  
2 高田松原一本松に芽吹き風 すずき巴里 喜世子 博子  
2 かつらぎもふたかみも其処いぬふぐり 有本惠美子 主宰 淳子  
2 はんなりとした女とゐる日永かな 田伏博子 美貴子  
2 春めきて鳩の集まる転車台 まつのたく 主宰 博子  
2 娘らと姓を違へる春愁 巻山香葉 つとむ 貞雄  
2 春禽の喜々と弾みし雑木山 佐藤弘香 ○美貴子 惠美子  
2 もの言はず来ては帰りぬ春の雨 神田小夜子 主宰 青析  
2 雛祭り次女侠にして雨女 直箟青析 一美 るりこ  
2 雪どけや日本は水の旨き国 まつのたく ○蓮,劼躬辧 
1 つくづくしこんなところにひいふうみい 神田小夜子 遼  
1 狂ひ無き本能まかせ鳥帰る 竹田ひろ子 悦子  
1 千手観音のごときに開け牡丹の芽 小幡喜世子 たく  
1 ほくそ笑む蜜柑の皮の世界地図 新田怜弥 ○たく  
1 春深し蹴りて楽しきスニーカー 牧野 慶 ○るりこ  
1 桜貝抽出し深くななそとせ 近藤 遼 ○惠美子  
1 梅の香に誘はれ路地の行き止まり 内藤美貴子 慶  
1 里山の竹林抜けて梅真白 水貴 みらい  
1 早蕨の西行庵へ辿る路 北村淳子 惠美子  
1 吾妻嶺の雪の稜線蒼穹を裂く 巻山香葉 美貴子  
1 裏山の風に相乗り初黄蝶 田中一美 みらい  
1 桜咲くころなのに未だコロナあり 川南  香葉  
1 雨待ちて痺れを切らす花大根 田中一美 蓮 
1 ややありて確と賜る初音かな 小幡喜世子 ○つとむ  
1 名簿から話題広がる春炬燵 金子つとむ 蓮 
1 春昼の園児ひとりにかかりきり すずき巴里 ○誠山  
1 春満月くらげのごとくたゆたへり 竹田ひろ子 ○水貴  
1 ミシン糸よく切れ白鳥帰りしと 直箟青析 主宰  
1 春時雨木々のこずゑのふくよかに 小幡喜世子 みらい   
1 ふる里と同じ土筆を東京で 竹田ひろ子 蓮  
1 貝合わせに弾む言の葉雛の客 田伏博子 喜世子   
1 絵手紙の桜届ける施設の母へ 名倉悦子 淳子   
1 梅ふぶき谷の細道かがやきぬ 田中一美 弘香   
1 日向ぼこ図書館前の風信子 新田怜弥 水貴   
1 春めきてシニアの早朝野球かな 斉藤るりこ 慶   
1 全豪オープン迷い入りたる春の蝶 名倉悦子 香葉   
1 雛千体寺の石段赤絨毯 近藤 遼 水貴   
1 ライバルと高め合ふ技あたたかし 小幡喜世子 小夜子   
1 バスを待つ春の息吹の押し寄する 竹田ひろ子 つとむ    
1 SLと話す少年あたたかし まつのたく 主宰   
1 啓蟄や荒田一枚光おり 佐藤みらい 慶   
1 青む土手引き返すこと忘れけり 田中貞雄 みらい   
1 生き方本終い方本流行る春 新田怜弥 ○青析   

【戻る】