合点 作      品 作 者 選     者
6 重陽や茶人の所作のこまごまと 佐藤弘香 主宰 みらい 喜世子  圭子 誠山 如月  
6 台風一過夕日に染まる須磨明石 田伏博子 淳子 喜世子 圭子 節子 誠山 貞雄  
6 向日葵の百万本の発電中 すずき巴里 ○水貴 ○一美 ○蓮\畛辧}擶А『美子  
5 秋声や神に見立てる自然石 まつのたく 主宰 みらい 喜世子 圭子 貞雄  
5 こぼれ萩塔婆の墨の薄れゆく 名倉悦子 みらい 弘香 節子 凉宇子 一美  
4 コンテナをカルタ散らしに野分かな 北村淳子 主宰 ○凉宇子 惠美子 如月  
4 観艦式の君が代流る鰯雲 田中貞雄 弘香 凉宇子 一美 悦子  
3 嫋嫋と胡弓の調べ風の盆 田伏博子 ○喜世子 ○圭子 ○如月  
3 かなかなの聲に山河の一日かな 小幡喜世子 主宰 淳子 凉宇子  
3 檸檬噛む五臓六腑や古稀が来る 佐藤みらい 蓮’〃遏,燭  
3 露坐仏の吐息のかかる白式部 田中貞雄 慶 凉宇子 悦子  
3 グランドのトラックライン秋の声 尾形誠山 ○慶 凉宇子 貞雄  
3 粒揃ふ漢も好きな衣被 永田圭子 慶 淳子 一美  
3 雷鳴のとどろく朝や「防災の日」 田伏博子 圭子 たく 貞雄  
3 夕立やいきなり孤独の人となり 牧野 慶 水貴 節子 凉宇子  
3 鰯雲賽の河原に石積む子 尾形誠山 弘香 博子 節子  
3 風は田のうねりに二百十日かな 小幡喜世子 悦子 惠美子  誠山  
3 鎮魂の旅の果て無し敗戦日 すずき巴里 ○弘香 慶 悦子  
3 焼き秋刀魚腸まで食えと祖父の声 永田圭子 如月 たく  
3 門川の水音健やか芋水車 田伏博子 慶 凉宇子 悦子  
2 来迎の雲金色のおみなえし  水貴 慶 喜世子       
2 竹箒立てて底紅盛りなり 有本惠美子 水貴 弘香       
2 爽籟や目覚めて忘る夕べの句 名倉悦子 ○誠山 惠美子       
2 今朝秋の犬の土掘り穴に風 すずき巴里 みらい 喜世子        
2 残照の混み合ふ秋の簾かな 小幡喜世子 主宰 ○博子       
2 秋の夜や混声合唱レクイエム 佐藤凉宇子 ○節子 蓮      
2 処暑の身を正す熱き茶濃く淹れて 田中一美  主宰 博子       
2 丹田の力奪ひし台風禍 佐藤弘香 ○惠美子 博子   
2 籐椅子に面影残し忌日くる 名倉悦子 たく 貞雄  
2 寂しさのつり合う夫(ひと)や秋来たり 牧野 慶 水貴 博子     
2 鬼やんま大型バスに体当たり 入江節子 みらい 水貴       
2 白粉花の咲いて残れる泣き黒子 佐藤弘香 ○貞雄 惠美子       
1 難波津の秋の海月のより淡く 永田圭子 博子   
1 宝石のやう台風一過の都会の灯 田中一美 圭子    
1 坊ちやん南瓜茨城弁で売られをり すずき巴里 誠山  
1 豊漁は海神の加護初秋刀魚 田中一美 圭子   
1 長き夜宿の柱に刀傷 尾形誠山 博子  
1 銀河よりもヘリが飛ぶとき空仰ぐ 田中貞雄 水貴  
1 地震あとの荒し山肌ちちろ鳴く 佐藤凉宇子 ○みらい  
1 点線ある古き家系図百日紅 入江節子 たく  
1 秋日差し生きて嬉しき日となりぬ 牧野 慶 蓮 
1 鈴虫の音の遠くなり夢の中 尾形誠山 蓮 
1 つくつくし腹立つまいぞ御真言   名倉悦子 如月  
1 長月や寿下無寿下無と歩を連ね 佐藤みらい ○たく   
1 戦ぐ音重さも色も稲の声 入江節子 一美   
1 雷神の百態つくも不二の山 佐藤みらい たく   
1 立秋や北の台地の震度七  水貴 ○悦子   
1 彼は誰の嵐の跡や虫の声 北村淳子 弘香   
1 構はれず徘徊したき大花野 田中貞雄 誠山   
1 秋暑し松を支える松葉杖 まつのたく 一美   
1 一頻り誉めて味はふ初秋刀魚 田中一美 淳子    
1 仰ぎ見し月との距離を楽しめり 川南  水貴   
1 二百十日水上バスは滑らかに 有本惠美子 誠山   
1 海の熱吸ふて入り組む野分雲  佐藤弘香 如月   
1 秋涼し旅人達の一人なり 如月 蓮  
1 夏惜しむ子の指先の七つ星 佐藤凉宇子 一美   
1 朝空の吐息に開く酔芙蓉 永田圭子 節子  

【戻る】