合点 作      品 作 者 選     者
6 柚子ジャムを大瓶に詰めふたりきり 有本惠美子 みらい 淳子 誠山 美貴子 弘香 蓮 
6 開戦日鷺長考の心字池 田中一美 ○貞雄 淳子 喜世子 博子 香葉 怜弥   
5 湯たんぽや海馬はすでに漂うて すずき巴里 ○惠美子 香葉 怜弥 るりこ 水貴  
5 霜の花踏んで始発の旅鞄 小幡喜世子 淳子 誠山 美貴子 一美 悦子  
5 冬銀河母百歳の物語 佐藤みらい ○美貴子 ○蓮ヾ鄒せ辧『美子 たく  
4 表紙絵が象の親子の日記買う 如月 ○主宰 ○博子 誠山 悦子  
4 大本山預かつて山眠りけり 田中貞雄 主宰 ○喜世子 一美 るりこ  
4 開戦日声の大きな赤子泣く すずき巴里 ○水貴 一美 惠美子 蓮 
4 木彫り師に木屑の嵩や雪しづり すずき巴里 ○淳子 ○香葉 ○弘香 美貴子  
4 置き忘れのメモを探して日短 田伏博子 誠山 惠美子 悦子 貞雄  
4 枯蓮鋭角に折れ入滅す 田中一美 博子 香葉 怜弥 貞雄  
3 十二月行く先先の物忘れ 小幡喜世子 ○誠山 如月 貞雄  
3 開戦日夜空に浮かぶスカイツリー 斉藤るりこ みらい 淳子 貞雄  
3 助詞語順切字に悩み除夜の鐘 尾形誠山 主宰 ○如月 たく  
3 百畳を替へて一息冬桜 尾形誠山 水貴 たく 貞雄  
3 賑はひの四条大橋浮寝鳥 田伏博子 誠山 惠美子 弘香  
3 重機みなフル稼働して年詰まる 佐藤弘香 如月 たく  蓮 
3 金沢は雨と晴れ間の鰤起し 如月 ○みらい  淳子 悦子  
3 調教のこゑにリズムや冬の馬場 有本惠美子 淳子 喜世子 美貴子  
2 ここだけの話じんはり股火鉢 尾形誠山 るりこ 貞雄  
2 亡き母のレシピ読み解くクリスマス まつのたく 水貴 貞雄  
2 クッキーの箱に細身のサンタクロース 内藤美貴子 ○るりこ 悦子  
2 切りみ鱈身を寄せ合ひて麹漬け 巻山香葉 誠山 如月  
2 裏通りを横切る鼬昼の月 北村淳子 喜世子 博子  
2 一筆箋添えて師走の宅急便 名倉悦子 みらい 博子  
2 侘助やグラス一杯江戸の水 佐藤みらい 水貴 悦子  
2 呼び込みの中国訛り暮の市 有本惠美子 るりこ たく  
2 胸の児をあやす母いてクリスマス 佐藤弘香 喜世子 蓮 
2 冬銀河箱根連山独り占め 佐藤みらい 怜弥 一美  
1 欅枯るよくぞ伸びしと皆あふぐ 有本惠美子 弘香   
1 枯園を句材探してゆるゆると 川南  弘香   
1 ささくれを無理になでつけ秋の朝 新田怜弥 香葉   
1 高層の営みの窓秋灯し 巻山香葉 ○怜弥   
1 福ら雀婆が擦りよる伊豆訛 佐藤みらい 怜弥  
1 冬帽のろんど仲間と合流す 川南  主宰   
1 月冴ゆるほろ酔ひかげんを照らされて 田中一美 蓮  
1 皆同じ高さに凧を一年生 田伏博子 主宰   
1 枯野ゆくみな無口なる葬のバス 名倉悦子 蓮  
1 虚子墓の語りを待てば冬木立 水貴 如月    
1 万年青の実こつんと逝つてしまひたし 田中貞雄 水貴   
1 帰路の坂冬満月はオレンジに 佐藤弘香 みらい   
1 奥山の谷戸の炭焼侘住ひ 尾形誠山 博子  
1 観音の映して冴ゆる十六井 水貴 如月 
1 水鳥に結界のあり曲がりけり 有本惠美子 博子  
1 売られゆく車彩る紅葉かな 斉藤るりこ ○一美  
1 冬座敷ロボット掃除機動き出す 名倉悦子 みらい  
1 短日や大江戸小江戸闊歩して 佐藤みらい たく  
1 風呂吹きを頼む橋畔の屋台酒 田中貞雄 如月   
1 転車台回る空より百舌高音 名倉悦子 一美  
1 シラノドベルジュラックに恋やラ・フランス すずき巴里 惠美子  
1 枯尾花乾いた風のなすがまま 内藤美貴子 貞雄  
1 花魁の道中綿虫の浮游 小幡喜世子 ○たく  
1 遠火事の鎮火の余韻雪催 田中貞雄 一美  
1 忌を修す白山茶花や親鸞廟 北村淳子 惠美子  
1 枇杷の花更地になりし角の家 内藤美貴子 怜弥  
1 仏々の隙間風かな薬師堂 まつのたく 主宰   

【戻る】