合点 作      品 作 者 選     者
6 春キャベツ空気さくりと切り分ける すずき巴里 ○水貴 ○誠山 ○美貴子 怜弥 博子 たく  
5 芽柳のひかりの中をどんこ舟 小幡喜世子 ○惠美子 淳子 香葉 一美 誠山  
5 春来たるオレンジ色のジャムを塗り 有本惠美子 主宰 喜世子 誠山  美貴子 貞雄  
5 無表情てふ表情のマスク群 すずき巴里 如月 一美  美貴子 たく るりこ  
5 野のにほひ海のきらめき春立ちぬ 尾形誠山 隆 一美 惠美子 弘香 貞雄  
4 境内の箒目にある余寒かな 尾形誠山 ○淳子 みらい 香葉 るりこ  
4 節分や鬼の飛び出す絵本かな 名倉悦子 ○みらい 喜世子 誠山 貞雄  
4 布団干す犬と日向を分け合うて 斉藤るりこ みらい  香葉 水貴  たく  
3 パン焼くる匂ひの満ちて日脚伸ぶ 巻山香葉 ○博子 みらい 惠美子  
3 鎌倉の日陰日向の三寒四温 まつのたく 如月 一美 美貴子  
3 強東風や下校の子らを散り散りに 巻山香葉 怜弥  博子 貞雄  
3 深吉野に草庵ひとつ春の泥 小幡喜世子 主宰 淳子 博子  
3 口中に黒飴遊ぶ決算期 佐藤みらい ○一美 怜弥 るりこ  
3 方丈の軒より雪解雫かな 尾形誠山 ○喜世子 淳子 香葉  
3 信樂の壺にどっさり藪椿 田伏博子 みらい 惠美子 たく  
3 風が指揮して春の森春の山 すずき巴里 ○隆  惠美子 水貴  
2 古民家の嬶座に確と日脚伸ぶ 田中貞雄 ○香葉 一美  
2 淡雪や「ミモザサラダ」を取り分けて 小幡喜世子 隆 弘香  
2 泣き虫の鬼と福豆頒ちけり 尾形誠山 主宰 香葉  
2 土竜塚土竜打ちなどつゆ知らず 田中一美 如月 喜世子  
2 銀鱗の波間の鳥居寒明くる 名倉悦子 ○弘香 ○貞雄  
2 シクラメン海の深きに戦跡 小幡喜世子 ○怜弥 誠山  
2 初氷人差し指が遊びけり 田中一美 博子 惠美子  
2 豆まきの後の沈黙二人かな 内藤美貴子 弘香 貞雄  
2 雪吊に雪来ぬ日々や夕明かり すずき巴里 如月 貞雄  
2 春風のステップジルバ踊らうか 佐藤弘香 誠山 惠美子  
2 裸木の全て捨て去り立ち尽くす 川南  ○たく みらい  
2 記念写真にふくら雀の写り込む 斉藤るりこ 主宰  怜弥  
2 桃割れの紙人形や日脚伸ぶ 有本惠美子 主宰  怜弥  
2 山影を意にも介さず青木の実 田中貞雄 怜弥 たく  
2 城門は山門となり紅椿 北村淳子 主宰 ○るりこ  
1 一升枡の角の黒ずみ鬼やらい 斉藤るりこ 博子   
1 青空や日を放さざる枯葎 田中一美 如月  
1 お揃いの器も欠けて小正月 新田怜弥 美貴子  
1 壬生寺へ連れ立つ舞妓の春ショール 北村淳子 博子  
1 雪解川一筋谷を分ちけり 尾形誠山 隆  
1 姑に代り鎮守へ鬼やらい 斉藤るりこ 主宰  
1 白鳥の漂ひゆけど事も無し 川南  怜弥  
1 オカリナの息継ぎ強し蕗の薹 まつのたく 水貴  
1 山笑う見知らぬ人につい会釈 田伏博子 主宰   
1 春立つや母百歳の誕生日 佐藤みらい 隆  
1 灰皿といふ懐かしきもの斑雪山 有本惠美子 主宰  
1 繰り返しガンデンデンと鬼遣らひ 北村淳子 如月  
1 円卓をくるりと春の爆竹音 斉藤るりこ ○巴里  
1 告知なし白鳥やはら湖面蹴る 川南  淳子   
1 如月の声弾みをり旅談義 田伏博子 弘香   
1 カップから湯気が巻き毛に天使来た 新田怜弥 水貴   
1 白梅や大道芸の旅鞄 名倉悦子 喜世子   
1 犬矢来長き館の春日差 有本惠美子 淳子   
1 冴え返る雲ゆく風の音にかな 小幡喜世子 隆   
1 冴返る開院前の列にいる 如月 水貴   
1 万年筆の母の便りとかぶら寿し 巻山香葉 淳子   
1 初場所や令和時代の下剋上 田中貞雄 ○如月    
1 夫婦ってシーソーみたいと思う冬 新田怜弥 隆   
1 背を向けて春のまろさの授乳かな すずき巴里 るりこ   
1 ネット販売お一人様の炬燵あり 巻山香葉 たく   
1 枯木立まだ待つか俺バスに乗る 川南  水貴   
1 枇杷咲くや鎮まりかへる奥の院 有本惠美子 一美   
1 不揃いな餃子の焦げ目小正月 新田怜弥 貞雄   
1 紅梅に着物着せたし数寄屋門 佐藤弘香 誠山  

【戻る】