合点 作      品 作 者 選     者
6 一湾を離るる船の水脈爽涼 田伏博子 ○美貴子 誠山 一美 淳子 惠美子 如月   
5 鍋の底磨いてをりぬ二の厄日 永田圭子 香葉 悦子 惠美子 如月 たく  
5 天高し煙突のある美術館 まつのたく ○節子 喜世子 圭子 悦子 貞雄  
5 敬老の日の赤きハートのオムライス 小幡喜世子 ○るりこ 圭子 みらい 誠山 美貴子  
5 辻々に稽古始まる風の盆 すずき巴里 ○貞雄 淳子 悦子 蓮々姐瓠  
5 台風禍離農の話まとまりぬ 斉藤るりこ 主宰 ○圭子 ○如月 節子 貞雄  
4 秋立つや雲のながれも水の音も 田伏博子 ○蓮ヾ鄒せ辧\畛辧,襪蠅魁 
4 古伊万里の皿に高値の秋刀魚かな 佐藤みらい ○誠山 水貴 たく 貞雄  
4 遺品の眼鏡かけて満月ゆがみたり 名倉悦子 ○主宰 ○惠美子 節子 るりこ  
4 胡麻刈って二上山を遥拝す 北村淳子 主宰 圭子 博子 たく  
3 江の電の線路ゆるりと秋扇 大坂晃典 淳子 香葉 惠美子       
3 仮の世の天より賜ふ曼珠沙華 小幡喜世子  ○怜弥 圭子 蓮    
3 惜しげなく刀身さらす青さんま 川南  ○たく 香葉 如月  
3 母生きて白寿の息や百夜草 佐藤みらい 節子 怜弥 たく  
3 台風禍腰越港の青濁す 水貴 一美 美貴子 如月  
3 新しき無地のカーテン秋の蝉 内藤美貴子 凉宇子 蓮…舁此 
3 防災日まづ汲み置きの水を替へ 田中貞雄 喜世子 誠山 弘香  
2 死装束さながら芭蕉枯れにけり 田中貞雄 ○凉宇子 弘香  
2 母国語の会話そちこち大花火 斉藤るりこ ○水貴 博子  
2 甌穴を育むパワー水澄めり 田中一美 ○弘香 貞雄  
2 雲割れて中秋名月龍の眼に 水貴 怜弥 悦子  
2 買替のスマホ手強き夜長かな 尾形誠山 ○博子 たく  
2 山並みの湖に移らふ秋の雲 北村淳子 博子 水貴  
2 竹垣組む女庭師の玉の汗 田中一美 ○みらい 淳子   
2 蜩や母の後姿をふと 小幡喜世子 圭子 節子  
2 秋を待つ昨日と違う今日の雲 入江節子 博子 誠山  
2 織田作の碑へ急坂の秋暑かな 北村淳子 博子 惠美子  
2 残る虫地獄極楽鳴きとおす 佐藤みらい ○香葉 怜弥  
2 達磨大師秋暑知らずの目鼻立ち 田中貞雄 主宰 喜世子  
2 新涼の真赤な前垂れ辻地蔵 田伏博子 みらい るりこ  
2 いわし雲萩の城下を包みけり 北村淳子 圭子 一美  
2 しんしんと月吹きさます厄日かな 尾形誠山 怜弥 悦子  
2 処暑の虹フランスへ発つ安部総理 田中一美 みらい るりこ  
1 捨て案山子いつまで着てる体操着 川南  如月  
1 猫じゃらし触れては阿吽像の前 永田圭子 凉宇子  
1 血管の透けて漲るマスカット 佐藤弘香 水貴  
1 昼灯鞍馬の宿の秋海棠 田伏博子 怜弥  
1 御明りの海竜王寺鉦叩 小幡喜世子 ○淳子  
1 月光や万象四大空に帰す 永田圭子 水貴  
1 手の甲に潮の香残る観音崎      &n 新田怜弥 蓮 
1 艶の増すミロのブロンズ秋澄めり まつのたく るりこ  
1 エプロンで日の暮れにけり虫時雨 有本惠美子 主宰  
1 紅白の萩かきわけて裏山へ 佐藤凉宇子 一美  
1 うすもみぢ少しせりだす舟だまり 佐藤凉宇子 怜弥  
1 端末をキャリーケースに紅葉狩 巻山香葉 一美  
1 秋暑し一直線の畳石 佐藤凉宇子 誠山  
1 抜け殻の六日九日原爆忌 入江節子 貞雄  
1 山峡の一両電車葛の花 小幡喜世子 たく  
1 台風の爪痕残るブルーシート 如月 みらい   
1 袖搦み錆びて関所の秋暑し 名倉悦子 淳子  
1 眼の眩む光の放射野分あと まつのたく 香葉  
1 くつきりとビルの輪郭天高し 内藤美貴子 凉宇子  
1 早朝のバイク少年鰯雲 内藤美貴子 主宰  
1 ふたあつはママのおつぱい初月夜 すずき巴里 美貴子  
1 築山に結界のあり昼の虫 佐藤凉宇子 節子  
1 コスモスや杉皮の束積んでをり 有本惠美子 凉宇子  
1 名刹の無月観月句会かな 名倉悦子 誠山  
1 残暑なほ脳の溶けゆく午睡かな 佐藤弘香 ○悦子  
1 戦場ヶ原の総立ち鷹柱 すずき巴里 惠美子  
1 水源の翌檜の木や虫の声 北村淳子 一美  
1 自転車に母乗せし夢秋の空 斉藤るりこ 水貴  
1 伸び上がり自転車を漕ぐ夕立のあと 新田怜弥 弘香  
1 七皿の鮭のムニエルノクターン 田中一美 ○喜世子  
1 少年は口をつぐんで赤のまま 永田圭子 惠美子  
1 月影のストカーなら是認せん 田中貞雄 如月  
1 十五夜と呼ばれて雨戸開けて見る 名倉悦子 蓮 
1 里山の風匂い立つ稲穂波 佐藤弘香 香葉  
1 汗拭ひ己に課しし日に五千歩 巻山香葉 美貴子  
1 蝉時雨明智の天下消えし山 まつのたく ○一美  
1 仏手柑ながむるだけのこの世かな 佐藤みらい 蓮 
1 ピアノの音に負けじと蝉のカルテット 巻山香葉 淳子  
1 夏の宵夜汽車のように貨物船      & 新田怜弥 喜世子  
1 後の雛師に教はりしごと祭る 田伏博子 香葉  

【戻る】