合点 作      品 作 者 選     者
7 青蛙成長したる喉仏 佐藤みらい ○主宰 ○博子 喜世子 香葉 一美 るりこ 弘香  
6 薫風へ窓あけ放つ医院かな 名倉悦子 ○喜世子 ○たく 博子 隆  如月 誠山  
5 テレワークスーツに被る春埃 まつのたく 主宰 ○弘香 慶 一美 貞雄  
5 リラの香や海に向きたる異人墓 田伏博子 みらい 惠美子 一美 悦子 たく  
4 ぞろぞろと五百羅漢の更衣 尾形誠山 ○貞雄 慶 たく 如月  
4 糠床に手を入れ始め夏近し 井坂千尋 博子 悦子 美貴子 誠山  
4 メーデーの赤旗遠し日比谷の森 佐藤弘香 ○慶 ○美貴子 如月 貞雄  
4 笹百合を活けて山家のもてなしと 田伏博子 慶 千尋 惠美子 誠山  
3 隅田川水脈切るごとく都鳥 巻山香葉 慶 博子 悦子  
3 三世代揃ふ幸せ柏餅 田伏博子 隆 淳子 悦子  
3 薫風渡る退院あとの空きベッド 巻山香葉 主宰 美貴子 如月  
3 頬杖の机人来ぬ春の昼 有本惠美子 ○千尋 香葉 弘香  
3 春耕や息子よちやんと食べてるか 斉藤るりこ ○一美 みらい 香葉  
3 会えぬ母介護ホームの春深し 名倉悦子 慶 たく 如月  
3 会えずとも声で感謝す母の日や 井坂千尋 ○悦子 香葉 貞雄  
3 城垣の闇の深きに蚊食鳥 田伏博子 一美 淳子 弘香  
3 オオカミも兜太蛍も万緑裡 すずき巴里 みらい 隆 惠美子  
3 娘は嫁に母はあの世に花は葉に 尾形誠山 主宰 ○隆 淳子  
2 古女房おーいと呼べば新茶かな 尾形誠山 みらい 喜世子  
2 風薫るゆるむ瓦の鬼の面 名倉悦子 博子 香葉  
2 魚に鰭菖蒲湯まろく手足かな 小幡喜世子 主宰 たく  
2 卯の花腐ししばらく異界暮らしかな 田中貞雄 一美 弘香  
2 傘干せば花びら傘を離れゆく 直箆青析 主宰 博子  
2 パスワード一つ増やして夏に入る 斉藤るりこ 美貴子 誠山  
2 亀鳴くや手作りマスクファッション化 田中貞雄 ○淳子 青析  
2 競ひ合ふともなく揺れて芍薬は すずき巴里 ○るりこ 喜世子  
2 絹さやの筋引く婆の独り言 斉藤るりこ たく 青析  
2 今朝咲し牡丹に残る息づかひ 田伏博子 香葉 貞雄  
2 片思ひてふほろと苦きを草矢かな 小幡喜世子 淳子 るりこ  
2 句作りの感性なしや五月来ぬ 如月 千尋 貞雄  
2 薫風が手の輪の中をかけぬける 新田怜弥 千尋 誠山  
2 囀りを指揮するは神御神木 田中一美 千尋 惠美子  
2 鐘のなき鐘つき堂に春満月 名倉悦子 青析 貞雄  
2 歪むしゃぼん玉いつかは真円へ 直箆青析 ○香葉 博子  
2 初夏の塔ブルーネオンに感謝込め 内藤美貴子 慶 悦子  
2 コロナとは折り合ひつかぬ聖五月 田中貞雄 一美 淳子  
2 つつじ咲く街の自粛の息苦し 佐藤弘香 博子 貞雄  
1 ドクダミは観葉植物ということで 新田怜弥 ○青析  
1 揚ひばりコロナの空へ駆け上がる 名倉悦子 隆  
1 夜半よりの風とひとつに花蘇芳 直箆青析 貞雄  
1 雨上りの水漬く池塘や芦若葉 北村淳子 博子  
1 SLの深き鎮座の遅日かな まつのたく 喜世子  
1 子の声のはしゃぐ家々夏に入る 佐藤弘香 喜世子  
1 花柄のマスク縫い上げ春惜しむ 田中一美 貞雄  
1 春惜しむ湯船に溶けてゆくからだ 内藤美貴子 喜世子  
1 葉桜や映画の見れぬ映画館 まつのたく 誠山  
1 囀りや小さき庭を囃し立て すずき巴里 るりこ  
1 春の宵祈りの光スカイ・ツリー 巻山香葉 貞雄  
1 再会の人へ鈴蘭束ねをり 佐藤弘香 ○惠美子  
1 黄金週間安居の日々となりにけり 田中貞雄 ○如月  
1 十薬や湿り気増ゆる夕まぐれ 有本惠美子 美貴子  
1 晩学の楽しさを知り五月来る 牧野 慶 隆  
1 初夏の柱状節理波洗ふ 北村淳子 惠美子  
1 派出所の撮影セットめく薄暑 すずき巴里 青析  
1 薔薇赤し後期高齢者の私 牧野 慶 るりこ  
1 入学の孫へコロナの憎らしき 佐藤弘香 如月  
1 コロナ禍の一人吟行新樹光 尾形誠山 みらい  
1 短調な爪切る音や黄金週間 巻山香葉 ○誠山  
1 車椅子薔薇のアーチを抜けて晴れ 斉藤るりこ 隆  
1 蛇穴を出て仮死となるアスファルト 佐藤みらい たく  
1 田植後の空弛みつつ撓りけり 直箆青析 博子  
1 聞き惚れて斑鳩の姿見えずとも 有本惠美子 淳子  
1 若者の瞳に昴卒業す 牧野 慶 惠美子  
1 虎杖の長けて瀬音の高まりぬ 北村淳子 ○みらい  

【戻る】