合点 作      品 作 者 選     者
6 石あれば仏と思ふ小春道 永田圭子 主宰 〇慶  喜世子 節子  誠山 水貴  
6 世事下手の似た者同士隼人瓜 田中貞雄 〇淳子 誠山 博子 一美 弘香 蓮 
5 茶の花や母の静かな身繕ひ 小幡喜世子 〇誠山 慶 みらい 水貴 悦子  
5 父母の去りて狭庭の木守柿 名倉悦子 たく 節子 水貴 如月 蓮 
4 心地よき音の落葉を踏み来たり 佐藤弘香 水貴 一美 悦子 貞雄  
4 綿虫の浮力あしたを持て余し 小幡喜世子 誠山 一美 悦子 博子  
4 立冬の石垣反りを正しけり 小幡喜世子 主宰 節子 誠山 博子  
4 いつもより少し大股冬に入る 川南  ○圭子 たく 慶 水貴  
4 倒れてもギョロ目のまんま捨て案山子 川南  主宰 誠山 たく 一美  
4 旅途次の蝶に親しく藤袴 田伏博子 〇悦子 慶  淳子 弘香  
3 木の実晴れ土偶の馬に乗らむかな すずき巴里 ○博子 喜世子 蓮 
3 今日からは冬の金魚となる二匹 すずき巴里 誠山 悦子 博子  
3 錆鮎をのみこむ鷺の首根つこ 田中一美 喜世子 淳子 圭子  
3 一文字の雁や高層ビルの空 田伏博子 喜世子 淳子 水貴  
3 過疎すすむほど豆柿のたわわなり 田中貞雄 ○みらい 如月 圭子  
3 釦から巡る想い出秋の夜 入江節子 ○主宰 ○一美 博子   
3 灯と人と声と匂ひの酉の市 尾形誠山 節子 一美 圭子  
3 十三夜筋肉預金して歩く 佐藤弘香 主宰 ○たく 貞雄 
3 月光はクロワッサンの生地崩す まつのたく ○弘香 ○水貴 貞雄  
2 前山に秋日の残る鞍馬寺 北村淳子 〇喜世子 貞雄  
2 ガラス戸の闇の深さや暮れの秋 牧野 慶 みらい 蓮 
2 小半時小説捲る小六月 尾形誠山 〇節子 慶  
2 亥の子餅伊勢路の旅を急かさるる 小幡喜世子 弘香 圭子  
2 あふむけて蟷螂斧を弱く振る 田中一美 弘香 如月  
2 落人やしぐるる祖谷のかずら橋 尾形誠山 淳子 蓮 
2 繕ふる度に波打つ崩れ簗 すずき巴里 喜世子 淳子  
2 辻地蔵鬼田平子の狂ひ咲き 北村淳子 〇貞雄 弘香  
2 柿少し干して独りの手慰み 田中一美 淳子 貞雄  
2 秋深むファーストレディーの平と和と 名倉悦子 みらい 一美  
2 裏庭の富士は三角雪帽子 佐藤みらい 主宰 喜世子   
2 時雨るるや塔婆の墨が流れだし 如月 〇貞雄 節子   
1 木枯やかはらけ渓に浮かしやる 小幡喜世子 如月   
1 豆柿や汽笛一声川根路に 名倉悦子 たく   
1 赤い羽根返礼少女前歯欠け 田中貞雄 たく   
1 小春日や保護した猫の愛らしき 如月 みらい   
1 蓑虫も地球も俺もぶら下がる 川南  みらい  
1 まだはもうもうはまだなり冬に入る 尾形誠山 〇如月  
1 捨てきれぬ物またしまう秋日和 名倉悦子 節子  
1 艀溜り軋ることなく冬に入る 田中貞雄 如月   
1 湯を囲む名士の石碑秋の声 まつのたく 悦子   
1 金継ぎの伊万里の猪口に今年酒 田伏博子 圭子   
1 行く秋の陶器大市彩ふなり 田中一美 圭子   
1 カレンダー捲る一枚霜の月 佐藤みらい 博子   
1 フルートの管に吹き込む冬の息 佐藤弘香 蓮  
1 ドローンの飛んで紅葉をありったけ 尾形誠山 喜世子   
1 秋麗夫の読書は佳境入り 牧野 慶 蓮  
1 骨軋む源泉の熱冬紅葉 まつのたく 主宰    
1 竜田姫風の間に間の後ろ髪 すずき巴里 如月   
1 秋惜しむメール受信の増えにけり 牧野 慶 たく