合点 作      品 作 者 選     者
9 晩学の行きつ戻りつ青木の実 佐藤弘香 みらい 蓮 淳子 誠山 悦子 一美 如月 たく 貞雄  
9 参道を挟み魚干す大根干す 田中貞雄 主宰 凉宇子 圭子 淳子 誠山 悦子 弘香 一美 るりこ  
6 冬ぬくし菩薩のような眉を描き 如月 ○弘香 ○たく 喜世子 節子 一美 貞雄  
5 冬桜ぽつんぽつんと野の仏 永田圭子 主宰 ○惠美子 みらい るりこ たく  
5 十二月八日のインターネットかな すずき巴里 ○みらい ○喜世子 ○誠山 ○るりこ 貞雄  
4 狐火は風の輪郭なぞりけり まつのたく 惠美子 悦子 節子 貞雄  
4 切通し時空を抜けて師走なる 水貴 凉宇子 みらい 悦子  弘香  
3 これ以上延ばせぬ事や師走来る 田伏博子 喜世子 誠山 圭子  
3 十二月ラヴェルのボレロ聞く夜かな 永田圭子 慶 蓮’郢辧 
3 くさめしてリセットするかご破算か 川南 隆 ○一美 ○如月 淳子  
3 耳塚の供花白じろと凍ててをり 佐藤凉宇子 ○圭子 惠美子 博子  
3 枯山に蛇笏の空や身延線 佐藤みらい ○慶 博子 一美  
3 神谷バーの灯りは暖色三の酉 斉藤るりこ ○貞雄 博子 如月  
3 老眼に星の滲むや冬木に芽 北村淳子 惠美子 悦子 博子  
3 羽子板市ちびまる子からチコちゃんに 尾形誠山 凉宇子 みらい 慶  
3 咳込みて親の及ばぬ子の悩み 佐藤弘香 主宰  圭子 たく  
2 波音の届く領域小浜菊 田中貞雄 弘香 節子  
2 鏑矢の的射る音や冬ぬくし 名倉悦子 淳子 貞雄  
2 おでん屋に女と男ありにけり 川南 隆 圭子 誠山  
2 身の丈に添へる熊手を買ひにけり すずき巴里 るりこ 如月  
2 はなひるや百面相の眼の在り処 小幡喜世子 惠美子 弘香  
2 饒舌な車夫と浅草酉の市 斉藤るりこ ○淳子 誠山  
2 冬蝶のまた戻り来る右の肩 佐藤凉宇子 蓮\畛辧 
2 余生なる夢は阿羅漢落葉焚く 田中一美 慶 淳子  
2 満月がゆつくり勤労感謝の日 田中一美 圭子 弘香  
2 江戸城址の黄葉に透けるビルディング 斉藤るりこ 主宰 惠美子  
2 雪の夜を揺り起こしたる山鹿流 尾形誠山 ○悦子 凉宇子  
2 開戦日親指横の生命線 まつのたく 喜世子 るりこ  
2 風仕舞う櫓の奥の冬日差 水貴 ○節子 如月  
2 裸木や風にくるまふ辻仏 まつのたく 喜世子 貞雄  
2 石庭の箒目真直ぐ初時雨 永田圭子 喜世子 誠山  
2 一喝の新語大賞冬の鵙 小幡喜世子 凉宇子 貞雄  
1 コロツセオめざし曼荼羅堂の冬 水貴 たく  
1 宗達の麒麟図古りて板戸冷ゆ 有本惠美子 如月  
1 弁財天の水を離れぬ冬紅葉 田伏博子 如月  
1 溜息のやうな噴煙山眠る 田中一美 淳子  
1 オペ終わり寄り添う夫や十二月 如月 蓮 
1 滑川日向ぼっこの背鰭かな 水貴 喜世子  
1 天皇のスキーの写真雪の宿 佐藤弘香 ○主宰  
1 何もかも平成最後除夜の鐘 尾形誠山 たく  
1 空の蒼櫓曼荼羅冬佛 水貴 節子  
1 蕎麦一杯冷えたる体取り戻す 田中一美 貞雄  
1 冬の星かず数へては母思ふ 牧野 慶 みらい  
1 煤逃げにあらず為すことなき遠出 田中貞雄 一美  
1 冬夕焼介護の後の自答かな まつのたく 喜世子  
1 大輪の冬薔薇トランプの一国主義 牧野 慶 圭子  
1 穂芒の靡きの形に枯れにけり 入江節子 たく  
1 湧水源の光振りまく石蕗の花 田中貞雄 節子  
1 望外の受賞通知や冬うらら 尾形誠山 ○博子  
1 おん僧の作務のひとつに落葉掻き 田伏博子 主宰  
1 ボリュームあげ師走の路地の豆腐売り 名倉悦子 凉宇子  
1 葉牡丹の渦込み合って華やげる 有本惠美子 主宰  
1 冬ぬくし寄生木の毬弾けをり 田中貞雄 慶  
1 クレ−ン車に吊り上げられて描く冬 佐藤みらい 博子  
1 三尺の苗木二輪の冬桜 田中一美 喜世子  
1 冬紅葉の灯す参道歓喜天 田伏博子 惠美子  
1 氷海の嘲る如く啼く如く すずき巴里 一美  
1 八十路には八十路の清気年忘れ 有本惠美子 蓮  
1 人間にマッチ一本焚火かな 佐藤みらい ○蓮 
1 カラオケの媼キラキラ忘年会 佐藤弘香 ○凉宇子  

【戻る】