合点 作      品 作 者 選     者
5 髪変へてつくづく姉似春闌くる 田中一美 ○るりこ 博子 圭子 弘香 たく  
5 晩学の万葉講座初ひばり 佐藤凉宇子 博子 恵美子 るりこ 慶 誠山  
5 春空へ時止まるごと観覧車 田伏博子 主宰 ○圭子 慶 節子 美貴子  
5 初めてのサクラクレパス花の山 佐藤凉宇子 主宰 ○恵美子 みらい 香葉 淳子   
4 花の景遠く堆肥の匂ひけり 佐藤弘香 喜世子 怜弥 一美 貞雄  
4 耳疎き母には聴こえ花のこゑ すずき巴里 恵美子 節子 たく 水貴  
4 新聞紙被せ浅蜊の夜となりぬ 小幡喜世子 ○たく るりこ 一美 貞雄  
4 そら豆の花のまばたく風のきて 有本美惠子 みらい 博子 喜世子 怜弥  
4 北国の梅忽然と満開に 入江節子 香葉 恵美子 淳子 貞雄  
4 地に振れて白汚れなき雪柳 田伏博子 怜弥 恵美子 圭子 慶  
3 草萌の空に乾杯紙コップ 佐藤凉宇子 恵美子 るりこ 誠山   
3 花の昼親しげに来る人面魚 田中一美 ○怜弥 喜世子 貞雄   
3 あたたかやろんどにふみを雅生ゐて 尾形誠山 ○蓮―濟辧…舁此  
3 春ショール祗園の丸いポストまで 北村淳子 ○喜世子 ○弘香 ○誠山   
3 古戦場馬防の柵の土手青む 名倉悦子 博子 弘香 貞雄   
3 蛍烏賊俄の瑠璃のなみだかな 小幡喜世子 香葉 弘香 美貴子   
3 良寛の書をそびらにす桜鯛 有本美惠子 喜世子 弘香 如月   
3 修善寺へ竹の小径や囀れり 尾形誠山 ○淳子 みらい 圭子   
3 たんぽぽの絮前線や遠戦 すずき巴里 慶  一美 水貴   
3 ままごとのやうに二人や豆ご飯 北村淳子 喜世子 怜弥 悦子   
3 信楽の狸百態花の雨 田伏博子 みらい 凉宇子 美貴子   
2 蝋梅に掴まれまいと昼の月 大坂晃典 水貴 如月  
2 春泥や思ひ届かぬこと多し 川南  誠山 悦子  
2 平成の最後の桜イチロー去る まつのたく ○凉宇子 ○貞雄  
2 しゃぼん玉わつと海馬を染め上げる すずき巴里  凉宇子 香葉  
2 吉野屋に並びて座る新社員 永田圭子 主宰 蓮 
2 囀りの竹の小径の日の班かな 佐藤凉宇子 博子 香葉  
2 四月来て新体制のナースかな 如月 美貴子 蓮 
2 日のあたるベランダ蝶の通り道 内藤美貴子 誠山  蓮    
2 山笑ふ箪笥の奥の肩パット 佐藤凉宇子 喜世子 一美     
2 深川の花筏裂く櫓漕ぎ舟 巻山香葉 淳子 如月  
2 平成の乾通りの春の空 如月 ○主宰 貞雄  
2 遠富士を運びては消ゆしゃぼん玉 尾形誠山 ○美貴子 節子  
2 かたかごの花や城への男坂 小幡喜世子 圭子  節子  
2 田起こしの音を死角に鴉かな 佐藤みらい ○節子 喜世子  
2 春闌けて地球自転の気配する 牧野 慶 節子 一美   
2 足場組む青年たちや花吹雪 斉藤るりこ 蓮 ̄抻辧 
2 啓蟄や質問攻めの夜は更けぬ 入江節子 たく 如月  
2 まろうどへラッパ水仙のファンファーレ 田伏博子 悦子 如月  
2 入水の釆女を祀る花の雨 永田圭子 凉宇子 淳子  
2 野遊びの果ての寄り道苺パフェ 田中一美 誠山 たく  
2 よく笑ふ順番に咲きチューリップ すずき巴里 節子 水貴  
1 満満と陽を漲らせ夕桜 入江節子 凉宇子  
1 地の面を新たにせむと花吹雪 川南  ○香葉  
1 朧月メトロポリスは眠らざる  田中一美 恵美子  
1 令和てふ年号生れし四月かな 川南  ○みらい  
1 満開のさくらの黙にロマン秘め 牧野 慶 水貴  
1 平成の果の青空よもぎ餅 斉藤るりこ ○慶  
1 点滴棒を先立ててゆく朧かな 北村淳子 喜世子  
1 花冷えの散り忘れたる大樹かな 水貴 博子  
1 花水木通りロッケンロール葬 すずき巴里 如月  
1 春雷や犬は天寿を全うし 斉藤るりこ 蓮 
1 選挙ポスター否応なしに落花の譜 田中貞雄 怜弥  
1 跳躍のラジオ体操昭和の日 永田圭子 たく  
1 清明や目覚めは鳥の囀りで 内藤美貴子 みらい   
1 地水火風花の空あり五輪塔 小幡喜世子 一美   
1 ネガテイブ思考木暗れの浦島草 田中貞雄 ○一美   
1 青き踏み易々越ゆる国境 田中貞雄 主宰  
1 花冷えや川行く船のエンジン音 内藤美貴子 圭子  
1 大海に沈むステルス四月馬鹿 入江節子 ○如月  
1 愛犬を荼毘に付す日の花吹雪 名倉悦子 るりこ  
1 夫の忌のしだれ桜の鞭めいて 佐藤弘香 水貴  
1 黄色い蝶生まれ変わって菜の花に    新田怜弥 蓮 
1 春の蚊の囁くやうに素通りす 北村淳子 水貴  
1 人気なき時がもつとも桜美(は)し 田中貞雄 香葉  
1 初音聴く高幡山の浅葱色 佐藤弘香 喜世子  
1 春の朝新顔増える始発バス 如月 たく  
1 鶏鳴も桜も朝の気に満つる 田中貞雄 淳子  
1 反古焼いて新元号を祝ひけり 有本美惠子 悦子  
1 静けさの戻る井伊の地燕来る 名倉悦子 ○博子  
1 犬好きに犬応えおりチューリップ 斉藤るりこ 圭子  
1 富士の空広ごる紋白蝶の舞 佐藤弘香 主宰  
1 タンポポのそつと見守る寺の跡 大坂晃典 たく  
1 落ち椿一針抜きてパッチワーク 佐藤みらい ○水貴  
1 花冷のワイングラスの逆さ吊り  永田圭子 誠山  

【戻る】