合点 作      品 作 者 選     者
6 名月や鳥居の眠る厳島 尾形誠山 ○喜世子 遼 淳子 慶 一美 たく  
5 道化師が化粧を落とす雨月かな 尾形誠山 みらい 隆 青析 一美 惠美子  
5 野の花の風を茶室の釘隠 すずき巴里 ひろ子 青析 誠山 悦子 香葉  
5 おけら鳴く夜やペンだこの失せし指 近藤 遼 喜世子 弘香 美貴子 一美 たく  
4 高齢者施設花野の風の中 すずき巴里 ひろ子 遼 慶 博子  
4 地虫なく拉致の異国に墓もなく 近藤 遼 ○淳子 悦子 如月 香葉  
4 草の実や書簡に零す美智子文字 佐藤みらい 隆 悦子 たく 貞雄  
4 蟋蟀の声の鉄壁なる闇夜 佐藤弘香 主宰 一美 惠美子 貞雄  
4 向日葵の陳情団がこちら向く 田中貞雄 隆 怜弥 一美 水貴  
4 新涼や書棚に新刊書二冊 牧野 慶 主宰 喜世子 誠山 貞雄  
4 残暑重し七堂伽藍にのし掛かる 田中一美 主宰 ○博子 ひろ子 喜世子  
4 路地草履潤うてゐる良夜かな 有本惠美子 主宰 みらい 青析 弘香   
3 檸檬切る何故か生きたくなりにけり 牧野 慶 主宰 ○一美 隆  
3 水煙の笛吹童子小鳥来る 小幡喜世子 ○惠美子 淳子 貞雄  
3 台風の化け物めきし片目なる 水貴 ○ひろ子 ○美貴子 遼   
3 秋暑し声よき僧の阿弥陀経 内藤美貴子 ○慶 悦子 ひろ子  
3 小鳥来る峡の湯宿の赤き橋 田伏博子 みらい 喜世子 誠山  
3 海も山も人も隔てて秋暑し 竹田ひろ子 ○水貴 香葉 貞雄  
3 盗人萩ちまたソーシャルディスタンス 小幡喜世子 慶 博子 如月  
3 赤とんぼ竿先半畳坐禅組む 近藤 遼 ○香葉 隆 博子   
3 富士の薄手折るも切れぬ人の縁 佐藤みらい 遼 青析 香葉  
3 秋暑し我が身のケアに明け暮るる 北村淳子 博子 水貴  悦子  
3 白露の息ペパーミントの匂ひさす 小幡喜世子 千尋 悦子 たく  
3 いとこ煮の南瓜や縁遠ざかる 直箟青析 主宰 悦子 如月  
2 獺祭忌乗り継ぎ駅の糸瓜棚 田伏博子 誠山 貞雄  
2 炎帝の差配に溶けし脳細胞 佐藤弘香 ○みらい 惠美子  
2 百日の陽に彩の寂ぶ百日紅 竹田ひろ子 主宰 惠美子  
2 姑の縁台に干す唐辛子 名倉悦子 ○青析 弘香  
2 夜の更けてソロとなりたる虫の声 竹田ひろ子 ○遼 一美  
2 鯊釣りの等間隔を保つ波止 田中貞雄 美貴子 たく  
2 雨上がり色なき風の匂ひたつ 巻山香葉 ○弘香 ひろ子  
2 易々とオセロに負けて葉鶏頭 名倉悦子 主宰 水貴  
2 かなかなや動くまま乗る観覧車 直箟青析 主宰 喜世子  
2 震災日身に降りかかる影怖し 田中貞雄 主宰 如月  
2 一言も発せぬ日暮れ涼新た 巻山香葉 怜弥 水貴  
2 露草を今年最後と一輪挿し 巻山香葉 千尋 淳子  
2 蜩のただ一匹で鳴き通し 巻山香葉 怜弥 如月  
2 父の絵の向日葵の光雲の影 巻山香葉 ○主宰 貞雄  
2 爽やかに影絵織り成す杉並木 まつのたく みらい 美貴子  
2 すれ違ふマスク大きく秋あつし 佐藤弘香 淳子 誠山  
2 揺れ誘ふ風跳ねつけて青芒 竹田ひろ子 ○千尋 怜弥  
2 青胡桃仰げば転ぶ不覚かな 田伏博子 ○怜弥 香葉  
2 古生姜まあるい端っこ行き止まり 新田怜弥 水貴 如月  
2 心にもアイロンぴんと小鳥来る すずき巴里 ○誠山 美貴子  
2 秋澄むや着信音を替えてみる 竹田ひろ子 千尋 みらい  
1 色鳥や古墳より出づ土器欠片 田中一美 淳子   
1 消え去らぬコロナの日夜稲妻す 川南 隆 たく  
1 テラコッタ転げて庭の萩の花 有本惠美子 主宰  
1 遠雷の地鳴りを曳きて妹来 直箟青析 主宰  
1 飾り屋の夜なべのあとの肩叩き 尾形誠山 ○たく  
1 一滴の音は流れに水の秋 小幡喜世子 博子  
1 二人住まひの秋の風鈴喧し 北村淳子 主宰  
1 朝顔やふたりで祝ふ誕生日 有本惠美子 みらい  
1 揚羽蝶つかの間飛んでお隣へ 田中一美 隆  
1 廃線の乾ぶ枕木穴惑ひ 田伏博子 喜世子  
1 盆参り鼻緒食い込む幼き日 佐藤弘香 千尋  
1 小鳥来てケーキにナイフすっと入る 有本惠美子 主宰  
1 秋夕焼トンボも街も染めゆけり 川南 隆 慶  
1 富有柿今日の息災確かなる 近藤 遼 慶  
1 気がつけばバスに忘れた秋日傘 如月 淳子  
1 慰霊碑の生の匂ひや草いきれ まつのたく 怜弥  
1 放棄地の芒ざわめく日暮時 内藤美貴子 ひろ子  
1 秋風と空の青さと夢一つ 牧野 慶 誠山  
1 俎上にてやるときゃやるよ茄子のへた 新田怜弥 香葉  
1 あおだもの林の径や法師蝉 北村淳子 弘香  
1 黙認す朝一番の蟬の羽化 田中貞雄 ○隆  
1 秋の水もの言わぬまま澄み渡る 川南 隆 博子  
1 毬栗や円周率の限りなく 近藤 遼 惠美子  
1 語り継ぐ人間だけに震災忌 佐藤みらい 水貴  
1 平安の宇留和志生国素風かな 佐藤みらい 惠美子  
1 ラケットの秋思も大坂なおみなる すずき巴里 ○如月  
1 若かりし戦死の伯父や彼岸花 北村淳子 慶  
1 通り雨ソフトクリーム嘗めて待つ 田中一美 ○貞雄  

【戻る】