合点 作      品 作 者 選     者
7 木枯らしの廃校にひとり金次郎 名倉悦子 〇淳子 〇誠山 慶 博子 蓮’〃遏,燭  
6 爺様の落葉掃き隊上野山 田中一美 主宰 〇水貴 怜弥 誠山 如月 貞雄  
6 急くことの無き日々となりおでん鍋 竹田ひろ子 〇喜世子 みらい 一美 弘香 水貴 貞雄  
5 開戦の日の文字消ゆるカレンダー 内藤美貴子 〇遼 慶 水貴 るり子 貞雄  
4 ぼろ市の襤褸を囃して鯨尺 すずき巴里 〇青析 遼 香葉  るりこ  
4 日輪の冬菜は色を深めつつ 小幡喜世子 みらい 博子 誠山 悦子  
4 パソコンもどこか不機嫌冬めく日 牧野 慶 博子 淳子 美貴子 水貴  
4 朝練の寒さ突き抜く子等の激 佐藤弘香 博子 誠山 悦子 たく  
3 冬の月コロナの地球照らしけり 北村淳子 ひろ子 蓮,襪蠅魁  
3 窓の無き積み木のお家雪催 斉藤るりこ 〇主宰 青析 美貴子  
3 雪晴れの天気予報や玉子焼き すずき巴里 〇博子 喜世子 たく  
3 五風十雨婿に指南の餅配り 尾形誠山 〇一美 弘香 たく  
3 冬列車阿吽の座席ひとつ置く 佐藤みらい 遼 ひろ子 如月  
3 紙幣よりもレシート嵩む十二月 田中貞雄 〇悦子 青析 誠山  
3 オリオン座火球帰還に輝ける 佐藤みらい 遼 博子 水貴  
3 大雪の湯呑に十指睦まじき 小幡喜世子 遼 香葉 悦子  
3 枯葉降る夜更け静かな父の息 内藤美貴子 主宰 〇たく 慶   
3 山茶花の散り敷く路や武家屋敷 近藤 遼 ひろ子 香葉 喜世子  
3 オーシャンビューの椅子でコーヒー小春凪 田中一美 〇慶  博子 淳子   
2 嚏して目線集むる絵画展 佐藤弘香 香葉 一美   
2 早咲きの椿手桶に京の路地 有本惠美子 淳子 喜世子   
2 冬至来る青き地球の自転公転 竹田ひろ子 〇みらい 悦子   
2 死は常に傍らに在り年用意 近藤 遼 〇蓮 残舁此  
2 ポジテイブに生きんと拳冬つかむ 牧野 慶 〇美貴子 みらい   
2 枯蟷螂錆び鎌重し切れ鈍し 近藤 遼 一美 淳子    
2 木の葉散るただそれだけのモノガタリ 川南  ひろ子 怜弥   
2 どの机でも使ふ看護師十二月 直箟青析 〇如 たく   
2 横たはる獣の骨や山眠る 北村淳子 蓮’〃遏  
2 風花やハヤブサ兇呂匹諒佞 すずき巴里 蓮,襪蠅魁  
2 青信号渡れば十二月があり 牧野 慶 主宰 如月   
2 冬ざれや夜通し灯る摩天楼 内藤美貴子 みらい 喜世子   
2 干し柿の蔕の結び目ぎゆつと締め 佐藤弘香 蓮…舁此  
2 冬三日月通天閣は赤点ず 田伏博子 喜世子 たく   
2 ヘリコプターに手を振る親子開戦日 斉藤るりこ 主宰 みらい  
2 かれはちす中将姫に仄と紅 小幡喜世子 主宰 青析  
2 最終をまた乗り越して寒昴 直箟青析 怜弥 香葉  
2 煤払ときに浮世を離れたし 尾形誠山 一美 貞雄  
2 冬うらら路地に女の長話 内藤美貴子 蓮 ̄抻辧 
2 異教徒といへども聖夜人恋し 近藤 遼 淳子 喜世子  
2 束の間のマスクをはずす散歩道 巻山香葉 〇弘香 誠山  
2 添い寝して頬ずり頻り冬の猫 近藤 遼 ひろ子 如月  
2 陀羅尼助の匂ふ手の平青畝の忌 小幡喜世子 一美 淳子  
2 ぱりぱりと団栗を踏み図書館へ 巻山香葉 〇怜弥 慶  
2 日の色の姉の投げたる蜜柑かな 川南  怜弥 弘香  
1 オリオンの瞬く空より玉手箱 名倉悦子 水貴  
1 老い病みて男やもめの年用意 尾形誠山 美貴子  
1 山茶花の白秘めごとを零しけり 牧野 慶 〇香葉  
1 裸木の淡き影踏む一人かな 内藤美貴子 慶  
1 はらはらと散り時を知る冬紅葉 竹田ひろ子 慶    
1 独り居に夕飯とどく石蕗の花 田中一美 主宰  
1 観世音は長谷寺式や冬安居 小幡喜世子 美貴子  
1 立ち込めるい草の匂いや畳替え 名倉悦子 みらい  
1 猟銃音はるけき音叉共鳴す 直箟青析 貞雄  
1 あてど無き年の瀬迎ふ令和2年 竹田ひろ子 〇るりこ  
1 このパーツ何だか忘れたクリスマス 新田怜弥 青析  
1 野良猫に冬日溜まりのボンネット 田中一美 誠山  
1 甘き香を放ち魔除けの花柊 田中貞雄 一美  
1 山離れ猿も湯に入る寒さかな 尾形誠山 喜世子   
1 秋海棠伏流水の音を汲めり 田中貞雄 弘香  
1 銀杏散り黄金の中を猫の行く 巻山香葉 怜弥  
1 キャンセルてふ言の葉虚し十二月 田伏博子 〇ひろ子  
1 白椿蕾が灯る物干し台 新田怜弥 水貴  
1 不自由も自由律なる春待月 佐藤みらい ひろ子  
1 白鳥に喜怒哀楽のありしかな 川南  悦子  
1 布紡ぐ冬の手のひら見せ合ふて 佐藤弘香 香葉  
1 師走の街ウーバーイーツ駆け抜ける 名倉悦子 博子  
1 小さき手にパズルのピース外は雪 斉藤るりこ 怜弥  
1 社家町の閑かなりけり木守柿 北村淳子 るりこ  

【戻る】