■日時: 令和5年3月18日(土)  ■句会場: インターネット句会  ■参加者: 16名

合点 作      品 作 者 選     者
7 さざなみを持ち帰りたり桜貝 まつのたく  遼 香葉 未来 隆 一美 悦子 水貴  
5 焼山の息吹き返す雨一日 田中一美   たく 喜世子 未来  美貴子 水貴  
5 神木の寄生木がまづ芽吹きけり 田中貞雄  ◯青析 遼 喜世子 誠山 博子  
4 米寿もて町内会長卒業す 近藤遼  ◯貞雄 青析 隆  如月  
4 富士霞み鎮魂太鼓轟けり 佐藤未来  喜世子 博子 美貴子 貞雄  
4 くんなかに浮かぶ三山青き踏む 田伏博子   ◯誠山 喜世子 怜弥 香葉  
4 一輌車菜の花畑を通過中 尾形誠山  青析 香葉 隆 博子  
3 三陸は十三回忌春の星 尾形誠山  ◯如月 遼 貞雄  
3 分かれ道多き嵯峨野や山笑ふ 田伏博子  ◯水貴 香葉 誠山  
3 蓬餅名句味はふ匂ひかな まつのたく  ◯悦子 美貴子 貞雄  
3 春時雨なべてもろもろ濡らし行く 川南   如月 怜弥 香葉  
3 ポン菓子が弾けるように沈丁花 新田怜弥  ◯喜世子 誠山 悦子  
3 をちこちに値上がりのこゑ蜆汁 まつのたく  香葉 如月 誠山  
3 雛納めそれから少し座りけり 直箟青析  ◯隆 ◯美貴子 水貴  
2 人間は空の邪魔者涅槃西風 まつのたく  ◯一美 水貴  
2 この三年(みとせ)口元見せず卒業す 近藤遼  如月 博子  
2 あたたかや働かずゐて積もる塵 直箟青析  誠山 博子  
2 水切りの三つ四つ五つ卒業す 近藤遼  喜世子 博子   
2 メリハリをつけて歩速や芽木明り 田中貞雄  一美 美貴子  
2 戌の刻の春や金星木星も 小幡喜世子   如月 未来  
2 花桃の一枝に風の集まりぬ 水貴  たく 悦子  
2 川風の音川の音こぶしの芽 直箟青析  遼 貞雄  
2 古びれど心地優先セーターと夫 新田怜弥  ◯博子 喜世子  
2 鳥雲にパンダ四頭返還に 尾形誠山  如月 未来  
2 長堤の心当てなる土筆摘む 田伏博子  ◯怜弥 美貴子  
2 雲一つ無き青空や雛仕舞ひ 巻山香葉  たく 青析  
2 雛飾る船場ことばの懐かしき 田伏博子  青析 悦子  
1 山桜まだ幼子のおつぼ口 佐藤未来  たく   
1 雁瘡癒ゆ脳年齢は五十歳 尾形誠山  ◯たく  
1 目を凝らし足元の春探す庭 新田怜弥  たく   
1 水のない水口跨ぎ畦を焼く 直箟青析  一美  
1 機影追ふ卒業の歌聴きなが 内藤美貴子  悦子  
1 殺し合ふ轍食ひ込む春の泥 川南   青析  
1 啓蟄や汚染水放出決まり 巻山香葉  水貴  
1 胴吹きの梅と目が合う白い星 新田怜弥  青析  
1 ミモザの風コーヒーショップのテラス席 内藤美貴子  貞雄  
1 大型の路上教習風光る 如月  一美  
1 宇宙基地ひかる春宵二番星 近藤遼  水貴  
1 春分の西門に入る夕日かな 田伏博子  美貴子  
1 久方の春風眩し円覚寺 佐藤未来  一美  
1 春満月潮の満ち引き思うまま 水貴  怜弥  
1 卒業式第二ボタンの欠けしまま 近藤遼  蓮 
1 コロナ禍を無事に逃れて花粉症 田中一美  遼  
1 東京も開花のベストワン候補 田中貞雄  誠山  
1 スマホ手に史跡巡りて春の風 内藤美貴子  ◯未来  
1 ただ祈る3.11昼下がり 水貴  怜弥  

【戻る】