top   No.190

日時  : 平成19年11月3日(土)
吟行先 : 大磯 地福寺、照ヶ崎海岸、
       鴫立庵周辺
席題  : 「庵」 出題者 川村文英さん
参加者 : 23名 
初参加 :小谷正夫,近藤信雄,本島むつみ諸賢

 次回 平成19年12月吟行予告

日時  : 12月8日(土) 11時
集合  : JR鎌倉駅西口改札口
吟行  : 佐助谷、銭洗弁天
句会場: 鎌倉大路ビル(046-722-1496)

 

合点 作      品 作 者 選     者
12 幾秋の風聞きたまふ五智如来 小谷正夫 ○主宰 のぶ子 讃良 双葉 克美 ○たか ○むつみ 節子 紀子 ○信雄 文英 宏年  
7 晩秋の風の昏みや円位堂 中島讃良 けんじ 双葉 雅生 直枝 たか 紀子 しげ子  
7 比翼塚木の実礫に傾ぎしか 中田のぶ子 主宰 美智子 けんじ 双葉 雅生 ○直枝 久美  
6 冬隣庵に碑の声草のこゑ 中島讃良 ○美智子 けんじ のぶ子 双葉 久美 ○よしき  
6 こよろぎの浜の釣り人秋闌くる 新江たか 美智子 雅生 直枝 むつみ 花梨 ○宏年  
6 時彦句碑おどるが如し櫨は実に 中田のぶ子 主宰 けんじ 讃良 ○双葉 雅生 節子    
5 蹲踞に水なき茶室そぞろ寒 新江たか 主宰 ○のぶ子 よしき 文英 正夫   
5 秋水の鬼哭のこゑや法虎堂 田中貞雄 けんじ のぶ子 讃良 ○双葉 たか  
5 萩焼きの菊の一輪鴫立庵 田中一美 主宰 美智子 けんじ 讃良 ○花梨  
4 色変えぬ松町役場囲みけり 近藤信雄 美智子 のぶ子 雅生 文英  
4 秋思充つ茅葺く庵の佇まひ 川上久美 克美 花梨 しげ子 宏年  
4 夕暮に立つ鴫見たし草庵 小谷正夫 ○久美 むつみ 節子 ○文英  
4 三夕の和歌語りつぐ文化の日 鈴木直枝 主宰 美智子 のぶ子 雅生  
4 藤村の墓はハイカラ文化の日 上野花梨 けんじ 讃良 雅生 むつみ  
4 庵主の句碑赤き木の実の修すかな 中田のぶ子 ○美智子 けんじ 讃良 正夫  
3 鴫立庵時代を乗せて文化の日 近藤信雄 紀子 しげ子 宏年  
3 櫨もみぢ箴言いまも身の内に(草間時彦句碑) 鳥居美智子 主宰 ○のぶ子 よしき  
3 秋寂びて海と半島一つ色 川上久美 のぶ子 ○讃良 克美  
3 秋おわる「東方の門」の未完の地 伊藤紀子 美智子 讃良 たか  
3 海桐の実色なき海の風に染む 遠藤けんじ 双葉 しげ子 信雄   
3 秋の湾抱いて庵の磯馴松 鳥居美智子 主宰 克美 よしき  
2 大海原秋思の波のきめ細か 川上久美 克美 一美   
2 人影のどれも動かず秋の浜 上野花梨 讃良 正夫  
2 鴫立庵句碑を案内の紅葉風 伊藤紀子 節子 文英  
2 墓碑銘は空の一字や秋日差す 遠藤けんじ 主宰 美智子  
2 梅落葉掃き清めたる藤村碑 田中一美 雅生 宏年  
2 虎御前の白き合掌冷まじや 本島むつみ けんじ 双葉  
2 奥っ城に遊子佇む落葉どき 鈴木直枝 ○紀子 ○正夫  
2 庵出づる水恋しとや石たたき 鈴木直枝 久美 むつみ  
2 新嶋襄(にいじま)の終焉語る文化の日 大西よしき 双葉 信雄  
2 半島に雲をあずけて冬海釣 田中一美 のぶ子 信雄  
2 小春凪伊豆の山々たたみ見る 大西よしき 双葉 花梨  
2 御像の眼光冷ゆる圓位堂 中田のぶ子 双葉 雅生  
2 心しづかに鴫立庵の秋詠まむ 本島むつみ ○主宰 久美  
2 夜明け前の露か藤村ねむる墓 鳥居美智子 主宰 のぶ子  
1 身に泌むや一途な祈り虎御前 青木宏年 のぶ子  
1 石蕗咲けり磯馴れの松に身を委ね 星野双葉 一美  
1 歌ひざの西行青き秋思かな 菅野雅生 紀子  
1 一湾に釣竿(さお)の数多や文化の日 鳥居美智子 花梨  
1 釣人の憂ひ受けとめ秋の海 本島むつみ 信雄  
1 藤村の墓一握の菊供ふ 福島しげ子 讃良 
1 秋深む木の蓋重き鴫の井戸 新江たか 主宰   
1 お隣りに日の丸が出て文化の日 川村文英 主宰  
1 文化の日句碑に囲まれ句を捻る 入江節子 ○けんじ  
1 庵にひと集ふ日なりき小鳥来る 川村文英 ○雅生  
1 数多句碑冬立つ庵の沸き立ちぬ 大西よしき 正夫  
1 大島と伊豆とり違ふ海桐の実 菅野雅生 双葉  
1 散る前の一時桜紅葉照る 遠藤けんじ 一美  
1 秋爽や西行の手より銀の猫 鈴木直枝 たか  
1 簡素極まる文豪の墓菊香る 川上久美 一美  
1 秋寂ぶや間口三間鴫立沢 田中貞雄 双葉  
1 鱗雲動けば秋の空深し 星野双葉 美智子  
1 相模湾海図のやうな秋潮目 中島讃良 ○双葉  
1 行く秋の鴫立庵を訪ねけり 川村文英 主宰  
1 雁や真鶴のぞむ照ヶ崎 伊藤紀子 ○一美  
1 石蕗咲けり車騒音飲みこんで 近藤信雄 ○しげ子  
1 秋愁ひ片膝抱きし庵主像 星野双葉 けんじ   
1 鴫立庵の句碑を偲びて文化の日 田中一美 直枝   
1 咲き初めの石蕗まつかさがお爺様 本島むつみ 双葉  
1 秋冷や樹翳囲みて鴫立庵 田中貞雄 よしき   
1 秋深し庵寂として五智如来 福島しげ子 直枝  
1 秋の底に沈める寺の落葉掻き 小谷正夫 節子   

   

   

   

   

          

   

【戻る】  【印刷用】