top   No.137  

 日時  : 平成15年5月10日(土)
 吟行先 : 浄妙寺 報国寺 安養院 
 参加者 : 18人

 次回 平成15年6月吟行予告
 集合 :6月14日(土) 午前11時
     JR鎌倉駅時計塔公園側改札口
 吟行先:浄光明寺 英勝寺 寿福寺
 句会場:若宮大路ビル(0467-22-1496)
  

作      品 作 者 選     者
大手毬を天蓋にして涼みをり 楠 正脩 ○貞雄 
釈迦堂口抜けし風の若葉冷え 新江たか ○けんじ 貞雄 宏枝 まりの 
今年竹はや落書のなされをり 澁谷雛子 貞雄 よしき 
薫風も馳走の一つ握り飯 川上久美 貞雄 まりの たか 花梨 ○正脩 
薫風や深くしずかなる刻字 石田快泉  
紫の闇を根方に土手つつじ 中田のぶ子 けんじ 曲水 なつ 
藤は実に寺苑に軽き音殖ゆる 中島宏枝  
竹の庭足もとからの青葉冷え 佐々木なつ たか 
薫風の寺門の敷居高跨ぎ 石田快泉 貞雄 まりの 正脩 
船酔いのごとくつつじの海の中 上野花梨 ○けんじ 快泉 宏枝 雅生 ○啓花 久美 よしき 
竹皮をぬぐよ陽の粉をまぶしつつ 遠藤けんじ 曲水 雛子 なつ 
大でまり白を極めしうすみどり 中田のぶ子 快泉 久美 
貞氏墓所落款のごと牡丹散る 菅野雅生 けんじ 曲水 ○雛子 
黒揚羽影ともつれて浄妙寺 佐々木なつ  
風に浮き勇み立ちたる花うつぎ 河村啓花 正脩 のぶ子 
葉を叩く雨も直線今年竹 石田快泉  
躑躅燃ゆ仏足石の濡れてをり 加賀暢子  
新樹光の届かぬやぐら苔むして 川上久美  
寺の松薄暑に冴える鋏音 上野花梨  曲水 
万緑のふところに座す観世音 舩山東子  
大槙を包囲つつじの大火災 遠藤けんじ 貞雄 のぶ子 
滴りは竹の声とも報国寺 中島宏枝 ○けんじ ○貞雄 曲水 ○雅生 花梨 
はしゃぎつつやぐらの庇小滝打つ 石川曲水  
花塚を抱きて牡丹の盛りかな 石川曲水  
若竹の異端児めきし曲がりやう 中島宏枝 快泉 雛子 のぶ子 ○たか 
人の声空に抜けおり竹の秋 河村啓花 曲水 のぶ子 
櫻の実ぽつんと襌の箒目に 澁谷雛子 けんじ 花梨 
瑞々と火の玉と燃ゆ寺つつじ 上野花梨  
寄せ仏へすりより揺るる姫じおん 河村啓花  
迫り来るつつじ一山燃えつきて 佐々木なつ 曲水 
薫風の登りきったる矢倉かな 上野花梨 啓花 久美 よしき 
蹲踞の水の冷やしに癒しあり 楠 正脩  
脱ぎかけて辺り窺う今年竹 川上久美 ○曲水 暢子 啓花 正脩 
舌代は古都代入りて山法師 大西よしき  
等高線のつめたさ違え今年竹 盛戸まりの 貞雄 
陽の匂ひ運び矢倉へ揚羽舞ふ 新江たか  
地底より来翰水琴窟を聴く 新江たか  
箒目の深む翳りや新樹光 加賀暢子 たか 花梨 久美 
実桜の風新墓を塗りつぶす 田中貞雄 ○のぶ子 まりの 
五月闇の襠(まち)にお百度石白し 盛戸まりの 貞雄 
葉桜の鎌倉いかに巡るべき 石田快泉 東子 
大南風二転三転切通し 河村啓花 宏枝 花梨 
窟(やぐら)おゝふ緑の屏風風薫る 楠 正脩  
椎咲いて崩れ止まざる釈迦堂口 盛戸まりの けんじ 
切岸の風の卯の花零れ咲き 新江たか けんじ ○宏枝 
山に風起ちて墓苑の黒揚羽 中島宏枝 けんじ 暢子 
鎌足の鎌のさびある樹陰かな 楠 正脩 よしき 
竹の葉降る抹茶の渦を飲み干して 舩山東子  
薫風と共に抜けきる切通し 川上久美 快泉 雛子 
釈迦堂口の暗がりを発つ黒揚羽 中島宏枝  
直幹の陽の斑の揺るる竹の秋 遠藤けんじ  


安養院前集合写真     釈迦堂写真
安養院前にて                               釈迦堂 

作      品 作 者 選     者
牡丹散つて己がもれ日を散りばめて 澁谷雛子 けんじ 快泉 雅生 
つつじつつじ安養院のつつじ燃ゆ 大西よしき けんじ ○曲水 
卯の花や釈迦堂の道辻子のみち 菅野雅生 けんじ ○貞雄 たか 啓花 
水音を奏でる一瞬竹落葉 佐々木なつ けんじ 快泉 
花塚を素通りしたる黒揚羽 河村啓花 けんじ ○曲水 
水打って参拝客を待つ静寂 佐々木なつ 曲水 
都忘れ挿して茶席の道案内 中田のぶ子 曲水 快泉 なつ 
息を呑みつつじつつじに囲まるる 舩山東子 曲水 
卯月晴れ遠ち近ちに見し衣張山 田中貞雄 曲水 快泉 暢子 ○よしき 
竹皮を脱ぎ竹林の蒼天に入る 加賀暢子 ○快泉 ○なつ 
茅葺の襌の鐘楼若葉光 澁谷雛子 快泉 なつ 
緑中に北条の世の地矩(のり)聞く 渋谷雛子 快泉 
万緑の中の歴史と鳥声と 遠藤けんじ 快泉 ○東子 雛子 
竹の子の天指しながら揺られ居り 上野花梨 ○快泉 
水琴窟立浪草をひかえたり 盛戸まりの 貞雄 
山芍薬山にひらきて手一重なる 舩山東子 貞雄 雅生 
竹の皮ぬぎきれぬもの残しをり 菅野雅生 快泉 東子 ○久美 正脩 
五山五位曲線堂宇へ夏立ちぬ 菅野雅生 東子 ○暢子 
舟形石塔思ひ思ひや草いきれ 大西よしき ○まりの 

 

おおでまり写真    浄妙寺庭園写真
            おおでまり                               浄妙寺庭園 

 参 加 者 名 簿  18人

    新江たか 石川曲水 石田快泉 遠藤けんじ 大西よしき 上野花梨  
    加賀暢子 河村啓花 川上久美 楠 正脩 佐々木なつ 渋谷雛子 菅野雅生
    田中貞雄 中島宏枝 中田のぶ子 舩山東子 盛戸まりの                

【戻る】