top   No.154

 日時  :平成16年11月13日(土)
 吟行先 :海蔵寺、浄光明寺、薬王寺
 参加者 :22人

 次回 平成16年12月吟行予告
 集合  : 12月11日(土) 午前11時
        JR鎌倉駅 西口改札口
 吟行先:  銭洗弁天、佐助稲荷 ほか
 句会場: 若宮大路ビル(046-722-1496)
 

合点 作      品 作 者 選     者
8 水仙の初花へ押す車椅子 渋谷雛子 貞雄 けんじ 曲水 東子 政子 直枝 ○弘香 よしき 
7 赤い実にみな触れたがる小春かな 舩山東子 けんじ 曲水 巴里 宏枝 一美 ○雛子 たけし 
6 小春空根付の鈴の鳴りどおし 舩山東子 貞雄 曲水 まさし 巴里 ○久美 ○政子 
6 一木の一景なせる櫨紅葉 中田のぶ子 まさし 快泉 ○巴里 ○宏枝 雅生 弘香  
5 やぐら仏風化の重み石蕗の花 入江節子 貞雄 けんじ ○快泉 雛子 たけし 
5 浄光を背高く承けし枇杷の花 菅野雅生 ○巴里 東子 宏枝 政子 しげ子 
5 南五味子(さねかずら)声はりあげて車夫の発つ 中田のぶ子 ○貞雄 まさし 弘香 雛子 よしき 
5 枇杷咲くや寺森閑と人をのむ 中島宏枝 貞雄 曲水 東子 雅生 節子 
4 法界の日の輝(て)り実の輝りさねかづら 渋谷雛子 まさし 巴里 ○なつ 節子 
4 やぐら前幾度通り来て冷ゆる 田中貞雄 ○けんじ 巴里  快泉 弘香 
4 七五三段葛よりこぼれをり すずき巴里 ○貞雄 けんじ ○まさし 快泉 
4 竜胆の名残の淡き雨上り 中田のぶ子 けんじ ○東子 雛子 たけし 
4 枯まとい飛ぶ菩提子の悟りとも 鈴木直枝 けんじ 快泉 久美 直枝 
3 藍いろを尽す哀れや冬竜胆 田中一美 けんじ ○曲水 なつ 
3 一条の陽を集めたる石蕗の花 石田快泉 曲水 まさし 巴里 
3 一喝のごとく裂けたる石榴かな 石田快泉 曲水 ○まさし しげ子 
3 飛石のやうな冬日の百度石 すずき巴里 貞雄 ○まさし 久美 
3 すつぽりと冬天落し底抜井 菅野雅生 曲水 宏枝 たけし 
2 底抜けの井のさざ波す朴落葉 鈴木直枝 まさし なつ 
2 鵯笛に誘はれさはに枇杷の花 田中貞雄 巴里 直枝 
2 枇杷咲いて浄光明寺季移る 遠藤けんじ まさし なつ 
2 少し照れる美男葛に真向えば 田中一美 けんじ ○巴里 
2 阿弥陀三尊小春日遠く眼澄む 遠藤けんじ よしき しげ子 
2 櫨紅葉喜ぶように実のたわわ 佐藤弘香 貞雄 ○曲水 
2 のこり柿となりの柚子をあかるくす 浅見まさし 貞雄 曲水 
2 小春陽を三方に分けし辻地蔵 菅野雅生 一美 節子 
2 底冷えに木のぬくもりよ三尊像 佐々木なつ 曲水 巴里 
2 十六の井の響きだす神無月 入江節子 貞雄 宏枝 
2 枯れを来て咽が鳴りたる十六井 田中一美 ○曲水 久美 
2 小流れの奏で紅葉の色ふやし 佐々木なつ ○快泉 ○節子 
2 風入れの薬師三尊小春かな 石川曲水 雅生 弘香 
2 枇杷の花日を吸い尽し日の色に 川上久美 貞雄 ○直枝  
2 杜鵑草同行二人の数珠の音 渋谷雛子 貞雄 雛子 
2 底抜けの冬天写し底抜ける 浅見まさし 巴里 よしき 
2 もっと日を欲し気に櫨の実の爆ぜる 川上久美 貞雄 けんじ 
2 渓流のゆるむ月桂樹の花に 渋谷雛子 貞雄 まさし 
2 山茶花や花の数ほど耳澄ます 村松 幹 政子 直枝 
2 虫の道落葉の道となりにけり 石田快泉 東子 雛子 
2 尼寺の黐身を焦がすほど真っ赤なる 田中一美 一美 ○雅生 
1 山門で海蔵寺山茶花お出迎え 青木たけし 快泉 
1 冬晴れの青意のままに鳶の輪 福島しげ子 直枝 
1 美男鬘謙譲の首深く垂る 大西よしき 快泉 
1 底抜の井に潜みし小銭冬うらら 中島宏枝 快泉 
1 巡礼の読経小春の寺統べる 川上久美 貞雄 
1 一隅の黄信号映ゆ石蕗錚錚 大西よしき なつ 
1 満艦飾あか目立ちをり梅擬 大西よしき 曲水 
1 寿福寺の木の根を跨ぎ冬ぬくし 塚本政子 まさし 
1 菩提子や生きる運命よ飛ぶことは 大西よしき けんじ 
1 笹の揺れささやきたまる小春かな 舩山東子 ○一美 
1 小春日やそっと覗いて十六の井 遠藤けんじ 巴里 
1 小春の日茅葺き屋根を焦がすほど 川上久美 巴里 
1 栞とすこのくれなゐのこの落葉 中島宏枝 けんじ 
1 十六井コインきらめく小春風 石川曲水 しげ子 
1 蔦紅葉柿を捉えて天に立つ 佐藤弘香 久美 
1 底抜の井浮ぶ紅葉とわが顔と 遠藤けんじ 巴里 
1 弁天窟枯れ山吹のとおせんぼ 中田のぶ子 まさし 
1 秋高し底抜けの井の角もとれ 青木たけし 快泉 
1 魅せられし美男かずらの朱を抓む 菅野雅生 よしき 
1 石蕗咲きて花頭窓(※)明るき日和なる 鈴木直枝 曲水 
1 啼薬師を慰むいろに実葛 中島宏枝 ○貞雄 
1 御手洗に水満ち満ちて神の留守 福島しげ子 快泉 
1 水の音やまだらに映ゆる櫨紅葉 入江節子 たけし 
1 崖(※)に見つけて一つ冬すみれ 福島しげ子 ○けんじ  ※崖(きりぎし) 
1 冬の景十六の井の水の張り 中島宏枝 まさし 
1 七五三慣れぬ晴着の八歩き 村松 幹 快泉 
1 羽ばたきの音山茶花の散る中に 石田快泉 一美 
1 珍しき人に出遭えり花八ツ手 村松 幹 一美 
1 三尊の肩に衣を着る冬はじめ 菅野雅生 曲水 
1 山茶花の水音となり扇川 すずき巴里 まさし 
1 青天で済ます昼餉や尻寒し 入江節子 快泉 
1 小流れの機嫌のよくて石蕗の花 川上久美 ○快泉 
1 七五三子と母歩幅同じくす 浅見まさし 快泉 
1 十六井あふれる先の狐火や 鈴木直枝 節子 
1 どうしても読めぬ碑文字や冬ぬくし 浅見まさし 政子 

 

          

 

 【参加者】
    青木たけし(初参加)浅見まさし 石川曲水 石田快泉 入江節子 遠藤けんじ 大西よしき    
    川上久美 佐々木なつ 佐藤弘香 渋谷雛子 菅野雅生 鈴木直枝 すずき巴里 田中貞雄        
    田中一美 塚本政子 中島宏枝 中田のぶ子 福島しげ子 舩山東子 村松 幹 


【戻る】  【印刷用】