top   No.141  

日時  : 平成15年9月13日(土)
吟行先 :明王院 杉本寺 
参加者 : 20人

 次回 平成15年10月吟行予告
集合  : 10月11日(土) 午前11時
      京急『金沢文庫駅』改札口
吟行先: 小柴港 金沢文庫・称名寺
句会場: 横浜市金沢公会堂 
       筍娃苅機檻沓牽検檻沓牽沓検瞥縦蝓

作      品 作 者 選     者
秋立つと葉影捺染段葛 遠藤けんじ まりの しのぶ 
石仏の百態の笑み涼新た 田中貞雄 美智子 快泉 
色すべて拒む門前白木槿 中田のぶ子 ○美智子 ○曲水 東子 宏枝 ○弘香 恵津子 
銀やんま大股に消ぬ辻の風 鈴木直枝 快泉 幹 
野分け過ぎ刷け目を残す土の肌 楠 正脩 貞雄 
八千草の風を操るかまくら蝶 鈴木直枝 美智子 快泉 宏枝 雅生 
下馬観音秋意ましろき幟り幡 大西よしき けんじ ○貞雄 ○恵津子  
萩の紅尽くす傍の仏崩ゆ 田中貞雄 曲水 のぶ子 ○宏枝 
秘め事は秘め事らしく玉紫陽花 村松 幹 美智子 曲水 花梨 
行軍のやうな残暑の寺めぐり 田中貞雄 けんじ 曲水 のぶ子 ○直枝 しのぶ 
活断層より恵みの水や玉あじさい 湯浅恵津子 けんじ 快泉 
水木の実影揺る雑魚の潜みしか 中島宏枝  
岩肌の湿りを吸いし玉紫陽花 河村啓花 けんじ 
段々の磴の苔むす風の色 大西よしき 曲水 
数珠玉の鯉の見てゐる滑川 菅野雅生  
病葉の鱗模様や川澄める 湯浅恵津子 美智子 久美 
懸崖に弾け咲きけり玉あぢさゐ 田中貞雄  
蝉声を光背一遍上人像 遠藤けんじ 美智子 
黙祷を通し切つたる蝉零れ 田中貞雄 ○曲水 幹 
ひるがへる幣の白さよ涼新た 舩山東子 美智子 ○のぶ子 
石段の光陰の凹つくつくし 中島宏枝 まりの 
地味な花火めきて芒のひらき初む 中田のぶ子 貞雄 ○まりの 
面差しの観音に似し白木槿 佐藤弘香  
茅葺の厚さ秋暑の堂守る 川上久美 美智子 ○曲水 快泉 東子 よしき 
氷屋の壁ににっこり御多福面 田中一美 快泉 
暑さ残る芙蓉の花のけだるさや 楠 正脩 花梨 
槙の実のしろがね踏んで秋の音 中島宏枝 美智子 貞雄 久美 しのぶ 
玉あじさゐ割れ瑠璃揚羽生まれけり 菅野雅生 美智子 ○けんじ 貞雄 
花野行く高速の影蝶なりし 盛戸まりの  
十二所社青ぎんなんのなまなまし 湯浅恵津子 花梨 
寺一つはさみ鳴き交う法師蝉 遠藤けんじ 美智子 
床下を抜ける色無き風の径 鈴木直枝 ○久美 啓花 
伽藍背の白鏤める百日紅 大西よしき 貞雄 
谷戸の奥千草くぐれる水の音 石川曲水  
山中の古刹の闇にちちろ鳴く 石田快泉 美智子 曲水 
橋の銘金で書きたる曼珠沙華 盛戸まりの 貞雄 
曼珠沙華香のかおりを巻き込みし 河村啓花 宏枝 ○花梨 
秋草のおほかた戦ぐかたちして 秋山しのぶ ○美智子 ○雅生 
水打って水掛不動の秋光す 菅野雅生 快泉 
苔歩く秋蝶翅を閉じ開き 河村啓花  
団栗の実の青さほど勇みけり 石田快泉 ○美智子 けんじ 貞雄○東子 まりの 弘香  


作      品 作 者 選     者
川風が研ぐ桐の実の尖りなり 盛戸まりの 美智子 ○快泉 貞雄 弘香 啓花 よしき 
青北風の底の十二所祠かな 湯浅恵津子 美智子 のぶ子 
天高く風の詣でる十二所 村松 幹 美智子 啓花 正脩 
風は秋眉の優しき水不動 石川曲水 美智子 けんじ 
観音に礼を尽くせとつくつくし 中田のぶ子 美智子 直枝 
白旗にさそはれ高く登り来る 秋山しのぶ 美智子 直枝 
法師蝉つくつく暑さもういいよ 菅野雅生 美智子 けんじ 恵津子 
ほの暗き一処彩なす秋海棠 秋山しのぶ 美智子 曲水 
じりじりと秋日は花の色を濃く 秋山しのぶ けんじ 貞雄 花梨 幹 
川筋のひかり解けて秋の色 中島宏枝 けんじ 東子 
蝉声の森の残暑を煽りたる 川上久美 ○けんじ 啓花 ○正脩 
一番札所熱波の風が涼風に 田中一美 ○けんじ 曲水 快泉 貞雄 
秋蝉の声の混雑境内に 田中一美 けんじ 
俳人の群れを横目に鬼やんま 川上久美 けんじ 弘香 
弾けるは美しきかな玉紫陽花 村松 幹 曲水 
高階家庭に白萩配したる 楠 正脩 曲水 
腕より顎を襲いし秋日灼け 盛戸まりの 曲水 快泉 
秋風に背中押されて寺の坂 上野花梨 曲水 快泉 
反魂草黄浮きたたす滑川 大西よしき 曲水 
秋草を手向け地蔵の顔朽ちて 佐藤弘香 快泉 幹 
穂芒の波に溺れて佇ち尽くす 石川曲水 ○快泉 東子 正脩 
水の音いつも添えきし谷戸の秋 河村啓花 ○快泉 
影向や露匍う蛇の魂おどる 鈴木直枝 貞雄 
縁高き堂の下には秋の風 上野花梨 のぶ子 久美 直枝 
穂芒のもつとも吹かれ滑川 遠藤けんじ 宏枝 弘香 
本堂の柱の汗の手形かな 石川曲水 ○啓花 正脩 
秋草の端の閼伽とし地蔵仏 田中一美 ○よしき 
睡蓮の日差しにかかぐ秋日傘 佐藤弘香 直枝 しのぶ よしき 
不覚とる秋蚊見透かす不信心 川上久美 ○幹 

   

 参 加 者 名 簿  20人

     秋山しのぶ 石川曲水 石田快泉 上野花梨 遠藤けんじ 大西よしき     
     川上久美 河村啓花 楠 正脩 佐藤弘香 菅野雅生 鈴木直枝 田中一美
     田中貞雄 中島宏枝 中田のぶ子 舩山東子 村松 幹 盛戸まりの 湯浅恵津子                       

【戻る】  【印刷用】