top   No.157

 日時  :平成17年2月12日(土)
 吟行先 :光則寺 高徳院(大仏)
 参加者 :19人

 次回 平成17年3月吟行予告

 日時  : 3月12日(土) 11時
 集合  : JR鎌倉駅西口改札口
 吟行  : 瑞泉寺ほか
 句会場: 鎌倉大路ビル(046-722-1496)
 出句  : 5句 締切15時  

 

合点 作      品 作 者 選     者
7 ものの芽のひたすらといふ光かな 中島宏枝 貞雄 〇まさし のぶ子 東子 雅生 暢子 〇久美 
6 大仏や動くともなく春の雲 中田のぶ子 けんじ 宏枝 〇直枝 暢子 久美 たけし 
5 大仏の伏目のつくる冬日影 遠藤けんじ 貞雄 〇まさし のぶ子 一美 しげ子 
5 土牢まで標となれり落椿 川上久美 まさし のぶ子 宏枝 雅生 花梨 
5 土牢に秘めたる昔春の苔 別府 操 けんじ 快泉 のぶ子 宏枝 直枝 
5 日翳れば春愁よぎる阿弥陀仏 中田のぶ子 〇けんじ まさし 東子 暢子 久美 
4 露座仏の影に入りけり春北風 中田のぶ子 貞雄 〇宏枝 暢子 よしき 
4 土牢の辺りを染めし落椿 上野花梨 快泉 宏枝 東子 よしき 
4 三椏や瞑り夢を蓄へぬ 大西よしき 〇のぶ子 東子 直枝 花梨 
4 土籠御書いつ来ても読み冴え返る 田中貞雄 けんじ まさし のぶ子 〇暢子 
4 大仏の背ナの屈みや余寒風 中島宏枝 快泉 のぶ子 よしき たけし 
4 漸くに陽の射す谷戸の春障子 中田のぶ子 貞雄 まさし 直枝 しげ子 
4 土牢へほだされゆくや山すみれ 鈴木直枝 久美 〇よしき 〇操 花梨 
3 大仏の眼下心身冴返る 遠藤けんじ 快泉 のぶ子 〇東子 
3 やぐら仏すみれと日ざし分ちあう 川上久美 けんじ まさし 〇快泉 
3 梅東風や大佛の眼の細くなる 大西よしき のぶ子 東子 雅生 
3 臘梅の終の香りを陽が運ぶ 遠藤けんじ 快泉 宏枝 操 
3 早春の風露座仏の耳豊か 福島しげ子 快泉 のぶ子 東子 
3 白梅や古りし石碑に法華文字 福島しげ子 けんじ まさし 〇快泉 
3 胎内めぐりひとつ明りに春の息 舩山東子 まさし 宏枝 花梨 
3 海と山長谷三丁目アロエ咲く 上野花梨 貞雄 快泉 よしき 
3 大仏の慈眼溢れり春の雲 別府 操 快泉 東子 雅生 
3 大仏の山のごとしや春の天 田中一美 貞雄 のぶ子 宏枝 
3 日朗へ今一たびの白梅を 鈴木直枝 貞雄 けんじ 〇快泉  
2 大仏に春塵の虻つきまとふ 浅見まさし 貞雄 一美 
2 大仏の横顔にある春愁 上野花梨 〇まさし 快泉 
2 半眼は愁いて余寒美男仏 村松 幹 宏枝 〇しげ子 
2 浅春の礎石に集ふ各国語 中島宏枝 〇雅生 しげ子 
2 リス機嫌冬芽ほくほく高徳寺 別府 操 まさし たけし 
2 大仏の無口なるかな春寒し 鈴木直枝 けんじ 宏枝 
2 ものの芽の息調はす読経音 中島宏枝 のぶ子 たけし  
2 花マップ門より春の始まりぬ 菅野雅生 〇のぶ子〇花梨 
2 露座仏や柔と享けたり春北風 大西よしき のぶ子 〇東子 
2 露座仏の歴史の傷み春疾風 田中一美 快泉 〇宏枝 
2 白毫の初春の影を仰ぎけり 菅野雅生 まさし 東子 
2 辻子をゆく鎌倉をゆく菜の花忌 大西よしき 快泉 東子 
2 土牢へ届け三分の梅ガ香よ 大西よしき 〇けんじ のぶ子 
2 大仏と交はす暝目芽木響く 田中貞雄 宏枝 〇一美 
2 キーホルダーの鈴より零れ犬ふぐり 田中貞雄 〇宏枝 一美 
2 幹洞ろなる白梅の咲き満ちし 石川曲水 貞雄 まさし  
2 ゆき遇ひて梅に誘はれ遠まはり 石田快泉 貞雄 東子 
1 梅東風の海より訪はん土の牢 菅野雅生 〇けんじ 
1 三椏のほつほつ咲いてぬくもれり 加賀暢子 東子 
1 春寒料峭経読む僧のまぶしめり 加賀暢子 まさし  
1 触れずなり気位となりし白梅は 舩山東子 貞雄 
1 日朗の祈り籠りて山笑う 青木たけし 貞雄 
1 光則寺照りつ陰りつ紅白梅 遠藤けんじ 貞雄 
1 春の日の曲りて入る岩仏 浅見まさし 貞雄 
1 大仏の定印にあり春愁 田中一美 〇東子 


     

(注)一点句については、紙面の都合上、幹部同人の特選句を中心に掲載としました。ご了承下さい。


【戻る】  【印刷用】